« 第18節 清水戦プレビュー | トップページ | エコパ遠征あれこれ »

2005.07.23

【第18節 清水戦】

オフィシャルより

■05.07.23 [ Jリーグ第18節vs清水エスパルス ]
2005年7月23日(土)19:04キックオフ・静岡スタジアムエコパ
試合結果
清水エスパルス0-1浦和レッズ
得点者:55分闘莉王
観客数:21,730人


「泥臭い勝ち方」

1-0。このスコアでの勝利はリーグ戦カップ戦通じて今季4回目。しかし今回ほど最後の最後まで気の抜けない試合はなかった。そして俺たちは勝った。

清水の攻撃のポイントになったのは、左サイドのチェ・テウク。スタミナ溢れる彼から常に攻撃の起点となって何度も突破を許し、中央に張るチョ・ジェジンそして久保山にラストパスを供給していた。

レッズがリードしてからの後半ラスト10分はほとんどレッズ陣内でのプレー。何度も続くCK、そしてベテラン澤登の際どいコースに蹴られたFK。しかし闘莉王をはじめとする強力DF陣とGK都築のファインセーブで幾度となくピンチを切り抜けた。

レッズ攻撃陣は清水の守備意識の高さに苦労しただろう。しかし達也をはじめ選手個々が苦労する中での「前への意識」がはっきりしていたせいか、徐々に得点の匂いが感じとれてきていた。決勝点も達也から闘莉王への正確なクロス。決めた闘莉王もすばらしかったが、達也も相手の裏をかく動きでフリーで三都主からボールをもらってからクロスを放り込んだ流れも良かったと思う。

清水戦アウェーは1997年以来8年ぶりの勝利。その味はこの1-0のスコアのように泥臭かった。サポートする側も何とか勝ちたいそして勝たせたいの一心だった。そんな思いが詰まった今日の勝ち点3。

でも俺たちのリベンジはまだ終わらない。再来週の日本平スタジアムで勝ってこそ、本当にアウェーで勝ったことが証明できるだろう。

IMGP1794IMGP1802IMGP1803

|

« 第18節 清水戦プレビュー | トップページ | エコパ遠征あれこれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/5116246

この記事へのトラックバック一覧です: 【第18節 清水戦】:

« 第18節 清水戦プレビュー | トップページ | エコパ遠征あれこれ »