« さて明日は・・・ | トップページ | 埼スタ食糧事情 »

2005.05.31

【国際親善試合 ハンブルガーSV戦】

オフィシャルより

[ 国際親善試合vsハンブルガーSV戦 ]
2005年5月31日(火)19:01キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ0-2ハンブルガーSV
得点者:バスティアン・ラインハルト(20分)、エレン・セン(89分)
観衆数:11,983人

「負けて得るもの」

日本におけるドイツ年のイベントとして行われたハンブルガーSV戦。
負けたとはいえ、レッズは積極的に若手を起用し、絶好のアピールの場になった。

特にこの日はスタメンで3バックの左に起用された新人の近藤に注目した。堀之内・アルパイとレギュラークラスとの息はまずまずで、90分間フルタイムでドイツの屈強な選手達を相手に無難に仕事をこなせたと思う。現在、レッズのDF陣は怪我が多く、やや手薄になってきているので、今後彼が起用される可能性は十分に考えられる。

他にも途中から細貝、横山、エスクデロといった若手を起用。エスクデロは怪我で途中交代したが、他の選手達も積極的にプレーし持ち味を発揮していた。

海外のクラブと試合をする上で、吸収するものは大きいと思う。昨年はマンチェスターへ遠征し、ボカとしか対戦できなかったものの得たものは大きく、その後の成績は周知の通りであろう。今年はあと2試合海外のクラブと試合ができる。そのチャンスを生かして選手達は自分達に足りない「何か」を感じてほしい。

最後に親善試合とはいえ、ガチに勝負を挑んできたハンブルガーSVの選手・スタッフの皆さんに敬意を表したい。

IMGP1426IMGP1436





IMGP1443IMGP1444

|

« さて明日は・・・ | トップページ | 埼スタ食糧事情 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/4357087

この記事へのトラックバック一覧です: 【国際親善試合 ハンブルガーSV戦】:

« さて明日は・・・ | トップページ | 埼スタ食糧事情 »