« ナビスコ予選L第3節 新潟戦プレビュー | トップページ | まったりとした日曜日 »

2005.05.21

【ナビスコカップ予選L第3節 新潟戦】

オフィシャルより

■05.05.21 [ ヤマザキナビスコカップ予選リーグ第3節vsアルビレックス新潟戦 ]
2005年5月21日(土)14:05キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ2-1アルビレックス新潟
得点:6分エメルソン(浦和)、60分鈴木(浦和)、74分(PK)エジミウソン(新潟)

「リズムと躍動感」

スタメンにエメ・永井・達也が同時にでると聞いて、はじめはがっかりした。
自分は正直、この3トップでは前と後ろの流れが分断されるし、ボールが落ち着かなくなるので嫌気がさしていた。今日もボールがまわらないのかなぁとガッカリした気持ちでいたのだが・・・。

しかしいざ試合が始まってみると、エメが永井がそして達也がかわるがわる前に後ろに激しく動いている。3人が重なることがほとんど無く、そこに攻撃のリズムが生まれていた。誰かが下がれば誰かが上がる。ボールを持ち続けることもなく他に預けてスペースに走る。そんな躍動感あるゲーム展開が久々に見られた。

最初のエメの得点もこぼれ玉、そして2点目もの啓太の得点もエメのFKからのこぼれ玉であったが、どちらも常にゴールへの姿勢を持ち続けた事への結果だと思う。守備陣は1点PKで失って完封は逃したものの、よく持ちこたえたと思う。特に復帰したアルパイの1つ1つのプレーには気持ちがしっかりとこもっていたような気がした。

これでナビスコ予選リーグは3戦3勝。しかしまだまだ油断は禁物。目の前の敵をきっちり破って勝ち点を積み上げていこう。

IMGP1261IMGP1262IMGP1266

|

« ナビスコ予選L第3節 新潟戦プレビュー | トップページ | まったりとした日曜日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/4219921

この記事へのトラックバック一覧です: 【ナビスコカップ予選L第3節 新潟戦】:

« ナビスコ予選L第3節 新潟戦プレビュー | トップページ | まったりとした日曜日 »