« 前日駒場朝7時 | トップページ | キリンカップサッカー 日本-UAE »

2005.05.27

ナビスコ予選L第4節 神戸戦プレビュー

明日はヴィッセル神戸を駒場スタジアムに迎える。今期すでに2回神戸と対戦しているが、ホームでは初めてとなる。

神戸はレオン監督に変わり、リーグ戦と合わせて5試合消化して1勝1分3敗。しかしながら3敗のうち2試合は1点差での敗戦であり、つねに勝利と紙一重である。また神戸とは今期2戦2勝だがいずれも1点を争う終始余裕がない苦しい試合であった。

前線は播戸とカズの2トップで、後半からどちらか1枚を和多田に替えてくるのが神戸のやり方らしい。三浦(淳)を代表で欠くが、ここ数試合神戸のシュート数が常に2ケタである。チェックがやや甘くなるペナルティエリア手前付近からのミドルレンジからのシュートやセットプレーからのシュートに注意したい。

レッズはおそらく前節の新潟戦と同じ布陣で臨むのではないか。新潟戦では攻撃陣の上下の動きが良かっただけに、その流れを継続していけばボールは回ると思うし問題はないと思う。ただ相手DFを崩すところまでいくならば、最後のフィニッシュはきっちり決めたい。ボールが動いても点が入らなければ意味がない。

駒場といえば、先月セレッソ相手に無様な試合を見せられた。でもそれは自分達にも責任があると思う。勝てるだろうという余裕な試合は1つもない。

明日は90分間キモチあげてピッチのイレブンと共に闘うこと。まずはそこからだろう。

|

« 前日駒場朝7時 | トップページ | キリンカップサッカー 日本-UAE »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/4298466

この記事へのトラックバック一覧です: ナビスコ予選L第4節 神戸戦プレビュー:

« 前日駒場朝7時 | トップページ | キリンカップサッカー 日本-UAE »