« キリンカップサッカー 日本-UAE | トップページ | ダービーとギネスビールと六本木 »

2005.05.28

【ナビスコカップ予選L第4節 神戸戦】

オフィシャルより

■05.05.28 [ ヤマザキナビスコカップ予選リーグvsヴィッセル神戸戦 ]
2005年5月28日(土)16:04キックオフ・駒場スタジアム
試合結果
浦和レッズ1-0ヴィッセル神戸
得点:90分エメルソン(浦和)

「あきらめないこと・・・」

ロスタイムへ突入してあと1分。長谷部からでたスルーパスは神戸の選手の足元をかすめ、右サイドを走る岡野に到達する。そしてすかさずクロスをあげたところにエースエメルソンが頭から飛び込んだ。

ロスタイムでの得点は、第2節川崎戦の闘莉王の同点ゴール以来。でも今回は勝ち点1を覚悟したギリギリのところで、最後のワンプレーで勝ち点3をゲットした。

この試合は神戸の守備に苦しめられたのと同時に、レッズの選手の最後のフィニッシュの精度の悪さがやはり目に付いた。

フィニッシュの精度・・・。これは今に始まったことではない。昨年に比べると最初の動き出しがやや遅れているように思われる。だから相手に動きを読まれ、ボールを奪われて点が決まらない。そんな感じか。

もう相手にマークされているのは周知の事実。強いチームを倒すために相手も一生懸命研究してくるのは同然の事だ。それはタイトルを獲ったクラブの宿命でもある。そういうプレッシャーを跳ね返して、最後まで闘い続けそして勝ち続けることで、自信につながる。あのエメの決勝ゴールこそ、そういうのが言えるのではないか。

最後の最後まであきらめないこと。また1つ選手達に教えられたような感じがする・・・。

IMGP1360IMGP1370IMGP1372

|

« キリンカップサッカー 日本-UAE | トップページ | ダービーとギネスビールと六本木 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/4313403

この記事へのトラックバック一覧です: 【ナビスコカップ予選L第4節 神戸戦】:

« キリンカップサッカー 日本-UAE | トップページ | ダービーとギネスビールと六本木 »