« 閑話休題 | トップページ | 【第6節 FC東京戦】 »

2005.04.15

第6節 FC東京戦プレビュー

2日前に試合をした両チーム。1週間に3試合は久々だけに疲労はピークになっているだろう。

レッズはおそらく前節清水戦と同じ布陣ではないかと思う。動き・内容は決して悪くないだけに、今までと同様に早め早めに相手を追い込んで、ボールを奪い攻撃を仕掛けていきたいところだ。とにかく失敗を恐れず果敢に攻めて行ってほしい。

一方のFC東京はここにきて怪我人が多くなってきた。DFの要、藤山はじん帯損傷で全治2ヶ月から3ヶ月。茂庭も明日の出場が微妙らしい。しかしレギュラーメンバーが揃わないとは言え、そう簡単に勝てるほどサッカーは甘くない。

ベストメンバーが揃わないのはレッズも同じ事。しかし今はDF陣も堀之内をはじめとした個々の選手能力が高いので、十分にやっていると思う。しかし結果がついてこないのではその頑張りも意味がない。

これほどリーグ戦で勝ち点3に見放されたのはいつ以来だろう。今、自分達に出来る事は選手を信じてチームをサポートすることしかできない。

ゴールを・・・そして勝ち点3を・・・。
そう願うキモチ、そしてその思い高ぶらせて、明日は味スタへ乗り込もう。

|

« 閑話休題 | トップページ | 【第6節 FC東京戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/3710829

この記事へのトラックバック一覧です: 第6節 FC東京戦プレビュー:

« 閑話休題 | トップページ | 【第6節 FC東京戦】 »