« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005.04.30

第9節 名古屋戦プレビュー

明日はリーグ戦2位と好調のグランパスエイトをホーム埼玉スタジアムに迎える。

グランパスは前線の核となるマルケスが累積で出場停止。快足FW杉本を先発で起用しそうである。
最近FWで起用されている中村直志の起用どころが難しいが、おそらく本田と組んで1トップ2シャドーで攻撃を仕掛けて来ると思われる。

昨年まで懸案であった守備が今年に入ってからすこぶる良くなってきている。相手に合わせ3バックと4バックを併用し、特に7節までは3試合連続完封と守備に絶対の自信があったが、今年福岡から移籍し、先発起用されてきた増川が怪我で離脱した前節は4失点と、鉄壁の守備にやや陰りがみえかけたかのように思われる。
しかし、特に中盤の底を務めるクライトンには要注意である。常に相手にプレッシャーをかけるのがうまいので、うちの中盤選手には素早いボールさばきが要求されると思う。

一方のレッズは前節ジュビロに引き分けて勝ち点1を上積みしたに過ぎなかった。しかし内容は少しずつながら良くなってきている。
ジュビロ戦では永井・エメルソンとFWの選手が点をとった。形はどうであれFWが点を取ったということが何よりも大きい。何度も書くが、あとはFW陣のエリア内でのフィニッシュだけである。結果さえ出れば、あとは調子が良かったときの流れを取り戻すのも時間の問題だと思う。

明日はホームの試合。なんとしても勝ち点3という結果が欲しいところである。

勝ちきれていない現状。精神的にきついところがあるが、選手達も頑張っている。自分達が今、声を出さないでいつサポートできる!!
勝ちたいキモチ。いつまでも心に刻んで明日埼スタへ行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.29

静岡エコパ遠征あれこれ

行ってきました平日の夜。
職場の同僚に後ろ指さされつつスーツ姿で行ったエコパ遠征。まあまとめてみました。

13:10にいそいそと職場を出て、近くの千代田線赤坂駅へ。
本来は東京駅へ行って新幹線で行こうかと思っていたけど、思いのほか時間が中途半端なのと、少しは安く行きたいなぁ・・・なんてそれこそ中途半端だろうよというツッコミは別にして、とりあえず千代田線に乗って代々木上原へ。
P4280001





代々木上原から小田急に乗り換え、一路小田原へ。
ロマンスカーにも乗らずひたすら急行に乗って、途中相模大野で乗り換え約1時間半で小田原に到着。
P4280004P4280006P4280007





小田原駅構内の立ち食いそば屋で遅い昼食。
新幹線を待つ間時間があったので、何枚かパチリ。

小田急の新しいロマンスカーですね。
P4280010





これは小田原城・・・ですか?
P4280011





15:37発のこだま547号で掛川へ。富士山近辺は雲に覆われ残念ながら拝めず。
P4280009P4280012





1時間ほどで掛川駅に到着。本当だったら最寄の東海道線の愛野駅へ行くために乗り換えるところですが、坂道を20分歩くという事前情報を受け、さっさとあきらめ(笑)、掛川駅からの直行バスでいざエコパへ。
P4280015P4280016





山の中をウネウネ行くことおよそ15分。急に現れたプラント工場のような建造物。それがエコパでした。周りの雰囲気から「宮城スタジアム」みたいな感じでしょうか?
P4280018





それにしてもアウェー側の入り口までまたダラダラ坂を上ってやっと入り口に到着。長かった・・・。
P4280019





エコパについてから友人から今日の帰りの「ムーンライトながら号」の指定席券を譲ってもらい、ひとまず帰りの足を確保。

試合終了後は浜松に泊まる友人と共に愛野駅から列車で移動するが、人が多いわ列車はこないわで結局浜松に着いたのは22時30頃。

ながらの浜松発は1時14分。友人と駅前の居酒屋で反省会。ひとまず俺&みんなおつかれ。
P4290028





日付が変わって12時30分ぐらいまで飲んでおいらはひとり浜松駅へ。ながら号に乗るのは96年の天皇杯瑞穂遠征以来だから・・・もう8年半ぶりですね。
P4290029P4290033





車内が明るいままだから、寝た気があまりしないまま4時半過ぎに東京駅へ到着。そして京浜東北線、武蔵野線と乗り継いで5時半頃東川口へ無事帰還。

東から昇る朝日をみて、引き分けたけどエメの同点ゴールにあきらめない気持ちとこれからのレッズに希望が見えた感じがしました。
とにかく次ですよ次!!前を向いて頑張りましょう!!
P4290039

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.28

【第8節 磐田戦】

オフィシャルより

■05.04.28 [ Jリーグ第8節vsジュビロ磐田戦 ]
2005年4月28日(木)19:00・静岡スタジアムエコパ
試合終了
ジュビロ磐田2-2(前半1-1)浦和レッズ
得点者:19分前田(磐田)、44分永井(浦和)、85分中山(磐田)、86分エメルソン(浦和)
観衆数:30,865人

「追いついたその後に・・・」

PKで勝ち越された1分後、右サイドから同点ゴールをぶちこんだエメが、歓喜のゴール裏にやってきた。
しかし同点に追いついた喜び半面、「まだ時間があるんだ、早くボールを置いて攻めてくれ!!」。そんな思いが交錯していた。

決して内容は悪くなかった試合。いやむしろ前節がひどすぎた。でも点が取れない・・・。
2点取ったが、形になったのはエメの同点ゴールだけ。やっぱりあと1枚、攻撃の枚数が欲しいところだ。

でも足りない1枚は「噂の彼」というわけではない。今、ピッチにいる選手個々があと1歩前に出れば解決できるものだと信じている。

あと1歩のファイト、あと1歩の気迫。
そして同点に追いついてもまだ行くんだというその気持ち。それを名古屋戦でそしてホームで見せて欲しい。

俺達はそんな選手達を勝たせるためにサポートするだけ。今はとにかく選手達を共に闘うだけだ。

P4280025

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.27

第8節 磐田戦プレビュー

11日間で4試合の日程。
その最初となる磐田戦が、レッズにとってははじめてとなる「静岡スタジアムエコパ」に乗り込んで行われる。共に現在15位、16位と開幕ダッシュに失敗した両チーム。状態は決してよくない。

磐田は昨年のアテネオリンピック代表監督を務めた山本氏を監督に迎え、大型補強を敢行し王者復活と銘打ちシーズンに望んだが、一向に結果が出てこない。また世代交代の過渡期にあるが、それもはかどってはいないようだ。主力のケガや不調が続きなかなかベストメンバーが組めない事情がある。
しかし前節の鹿島戦を見たが、中盤の速いパス回しは健在だ。特に西には幾度となく常にやられている印象がある。彼のあの縦横無尽の動きは要注意だろう。

レッズは前節駒場でのC大阪戦で不甲斐ない負けを喫し、3敗目となった。
試合ごとに変わってしまうDFラインは今節も予想しにくいが、前節と同様に堀之内・闘莉王・坪井の3枚で対応することだろう。また左サイドには三都主が復帰しそうだ。あとは攻撃陣の復調に期待を懸けるしかない。

7試合で勝ち点は6。さすがにもう「次頑張れ」と言える状況ではなくなってきた。いい内容の試合をしても勝ち点が上積みできないと辛いものがある。そういう思いは選手だって同じ。
精神論になりがちだが、今は前を向いて闘うだけ。とにかく動くことが大事。アグレッシブに悔いの残らない内容そして満足いく結果に期待したい。

明日は平日のアウェーゲーム。エコパに行けない人達もたくさんいるだろう。そんなみんなに「勝ち点3」をお土産に浦和へ帰りたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.26

10,000ゴールキャンペーン

Jリーグでは今、「10,000ゴールキャンペーン」というのをやっています。

93年にJリーグが開幕してもう13年目となる今シーズン。もうすぐJ1リーグ通算で10,000ゴールが達成されます。
そのゴールを誰が決めるかというのを当てる企画です。なんと賞金総額が1,000万円!!

データからいくと、5月4日の第10節か5月8日の第11節あたりで決まりそうな感じです。
また今までの応募で一番票を集めているのは、うちの「エメルソン」だそうです。でもこういうのって意外な選手が決めるのではないかと思うんですよね。
ちなみにおいらはもう投票しました。

締め切りは今週いっぱいの30日まで。1人1回のみという制限はないようなので、みなさんも投票してみたらいかがですか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.04.25

国際親善試合

今年レッズは、5月末のハンブルガーSV戦を皮切りに3ヶ月で3試合行います。
ちなみに日程はこちら。

5月31日(火) 19:00 埼玉スタジアム ハンブルガーSV戦
6月15日(水) 19:00 埼玉スタジアム FCバルセロナ戦
7月30日(土) 19:00 埼玉スタジアム マンチェスター・ユナイテッド戦

それにしても最近クラブ間の国際親善試合が多いですね。
数年前までは、海外のクラブが日本のクラブと試合をするというだけで盛り上がりましたが、今ではそれが当たり前のようになっていますからね~。

海外のクラブを間近で観られるのはいいことですが、本音としては、日本のクラブが海外へ出向いて試合をした方がいいのでは?と考えます。
去年レッズがイギリスに渡って、残念ながら1試合だけでしたが、ボカ・ジュニアーズとあのオールドトラフォードで真剣勝負ができたのが、その後の躍進につながったと思うのです。

そうえいばハンブルガーSV戦のチケットって昨日発売開始でしたっけ・・・。
月末だし指定席か自由席、どっちにしようかなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.24

駒場のあとに

昨日はC大阪戦のあと、駒場から東浦和駅行きのシャトルバスのバスに乗り、武蔵野線経由で柏へ直行。19:00からの「柏-名古屋」を観てきました。

柏駅について、写真でもとるか・・・とおもむろにマイデジカメを取り出して電源をいれたら・・・

あれ・・・


レンズがでてこねぇ・・・
_| ̄|○

というわけで写真なしのレポになっちまいました・・・。

「隣の家の庭は良く見える」といいますが、レッズの試合を見た後だからでしょうか、名古屋のサッカーはとても良かったです。特にバックラインと真ん中の2ラインがしっかりしており、相手の攻撃の目をつんでいました。また先週の名古屋戦報告でも書きましたが、クライトンの動きは際立っていました。とても要注意です。

ちなみに試合が終わってから、例の乱闘の件があったようですが、そのときはすでにおいらはスタジアムの外。
友人から「生きて帰れましたか?」とか「詳細を教えろ!!」など最初訳のわからないメールが来て「???」でしたが、しばらくしてからこの事実を知りました。


で、今日はデジカメを買った有楽町の某電気量販店に修理を依頼。

「1ヶ月以上かかるかもしれませんね」の言葉にさらに落胆・・・。
_| ̄|○

さっさと用事をすませてから、駒場のレディースの試合にも引かれましたが、結局早々に家に帰り「横浜-大宮」&「鹿島-磐田」をTV観戦してました。

まあ昨日の試合はもう終わったこと。
今週からは試合が終わるとすぐに次の試合がやってくるので、まず自分が気持ちを切り替えていかないといけませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.23

【第7節 C大阪戦】

オフィシャルより

■05.04.23 [ Jリーグ第7節vsセレッソ大阪戦 ]
2005年4月23日(土)15:05キックオフ・駒場スタジアム
試合結果
浦和1-2C大阪
得点:7分、20分西澤(C大阪)、62分横山(浦和)

「90分間の意欲」

ひどい試合だった。完敗だった。
前節FC東京に勝ってリーグ戦初勝利を挙げ、さあここからという思いをぶち壊された。

勝ちたいという意欲はあったとは思うが、それが一向にプレーに見えてはこなかった。
ボールへの寄せ、相手を追い込む早さ、パスの精度、なんにしてもセレッソに負けていた。

勝利への意欲、貪欲さ。それを90分間プレーに見せてほしい。そういうのがなければ、勝てるわけがない。
相手の格上格下は関係ない。勝とうとする気持ちを見せれば、たとえ結果が伴わなくても自分で納得することもある。

常に前を向いて闘う姿勢を!!
まずそこからだろう。

IMGP1243

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.22

第7節 C大阪戦プレビュー

明日は駒場にセレッソ大阪を迎える。

セレッソはリーグ戦開幕3連敗のあと先週の3連戦を2勝1分できりぬけ調子を上げてきた。
ここ数試合は西澤を1トップ気味において森島と古橋の2シャドーで攻撃を仕掛けてくる。特に小柄な二人はDFの裏を仕掛けてくるのがうまく、過去にやられたこともある。
今週の新聞報道には、黒部と古橋の2トップという話もあるが、それは蓋をあけてみないとわからない。

レッズは前節FC東京に勝ち、リーグ戦初勝利を挙げた。このときDFラインは相手の攻撃にあわせ4枚で対応したが、それはあの試合に限ってのもの。闘莉王の復帰も考えられるがどうだろうか。
攻撃陣はひとまず勝ったことで重圧から解き放たれたであろうエメルソンや達也のさらなる飛躍に期待したい。特に達也はフィニッシュへの形が良くなりつつあるだけに、結果がほしいところだろう。

明日も気負うことなく常に相手にプレッシャーをかけ、勝つ姿勢をみせていけば、いい結果がついてはずだ。

セレッソ戦が終わると、いよいよ28日から11日間で4試合とハードな日程がやってくる。前節の勝利が無駄にならないためにも、ホーム駒場での勝利は大事だと思う。
そして自分達も選手達と共に凱歌を挙げるためにも、キモチ上げてサポートしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前日駒場・朝7時

前日駒場・朝7時

ひんやりとしてますが、いい天気です。
周りの木々も緑が濃くなってきました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.04.21

ゴー俊哉!!オーレッツゴー俊哉!!

もうすでにいろんな所で話題になっているようですが、今朝のニッカンに「浦和が藤田獲得へ」という記事が掲載されました。

信憑性はどうかな~と思って行方を見守っていたら、森GMが申し入れをしたことを明かしたようで・・・。犬飼社長も発言してますね。

まだ獲得できるかどうかもわからん話なので、おいらからはこれと言って話すことはありませんが、一言加えるなら、レッズのユニに袖を通した選手には全力でサポートするということだけです。

とりあえずニッカンの記事をみて思ったことは、藤田家はお受験真っ只中だったんだなぁ~ということでしょうか。俊哉パパご苦労様です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.04.20

アジアチャンピオンズリーグ(ACL)

今日は第4節が行われました。
横浜F・マリノスはホームで2-0と快勝。ジュビロ磐田はアウェー韓国で1-2で破れました。これで横浜はグループリーグ突破のチャンスは残しましたが、磐田は2試合残してリーグ敗退が決まりました。

やはり力の差ですかね・・・。横浜は連戦にもかかわらず力を発揮していますが、磐田はリーグ戦で前節新潟に勝って連敗を止めましたが、国内で戦っているのが精一杯という感じに思えます。

まあアジアの真剣勝負に出たことないクラブのサポが言うのもなんですが、確か今回のACLに磐田が出場することについて、当初日本サッカー協会(JFA)とアジアサッカー連盟(AFC)でもめてたようですね。

AFCは今年の天皇杯優勝の東京Vが妥当という見解。つまり1年前に優勝したクラブが出るのはおかしいということ。一方のJFAは優勝したクラブがそのままACLに出るとチーム編成がままならないので、前年優勝したクラブを出したいということで磐田を推薦したようです。

一概にどうとは言えませんが、でもこういう結果を踏まえて考えると、JFAも考え直した方がいいかもしれませんね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.04.19

神戸・松永監督解任に思ふ

昨日神戸の松永監督解任の一報が入りました。そして今日クラブからのリリースで後任は過去に清水・東京Vを率いたレオン氏を招聘するとのこと。

ここまで神戸はリーグ戦1勝2分3敗の勝ち点5で17位。リーグ戦の間に行われたナビスコカップ予選は2戦2敗。つまり開幕戦での1勝しかあげていなかったわけで・・・。まあ他のクラブの事をあれこれいうのもどうかなぁとは思いますが、早くもこの時期にこういう話題が出るとは思っていませんでした。

リーグ戦は34試合。ここでつまづくと追い上げが出来ない。悪い流れは早く断ち切ろうというフロントの考えはわかります。サポーターからも「やめろ」という声もあがっていたようですし・・・。

ただ逆に言うと、まだあと28試合あります。松永氏が監督に就任したのも開幕直前の2月。戦術が浸透するにも時間がかかることを考えると、まだ早かったんじゃないかぁ?という考え方も出来ます。

しかし神戸は今までシーズン途中に何度も監督を交代させた良くない歴史があります。ということは監督の出来不出来だけじゃない根の深い問題がクラブ自体にあるのかもしれません。

監督が変わることで、これまで起用されてきた戦術は変わることになり、前の監督の下で起用されていた選手は起用競争のスタートラインに戻ることになります。監督交代でうまく活性化できればいいのですが、失敗するとまた元通りになってしまいます。

とにかく神戸はオーナーが今をときめく時の人だけに、何かと野球と共に話題に上がります。同じカデゴリーのクラブに「頑張れ」と正直言いたくはないのですが、立ち直ってほしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.18

ターニングポイント

今日4月18日はあの駒場での応援ボイコット試合からちょうど1年となる。1年経つのは本当に早いものだ。

あの試合での異様な雰囲気は今でもよく覚えている。スタジアムを埋め尽くすレッズサポーターは変わらないのだが何かが違った。いつもならびっしりと張られる弾幕もないしあの野太い声もない。聞こえてくるのは普段レッズのホームでは聞こえることのない音。それはボールを蹴る音や選手達やコーチングスタッフの声。

何かが違ったいつもの駒場。試合もエメのハットトリックで4-0で終わりかと思いきや、ロスタイムに高松に決められ完勝ながらも後味の悪い試合となった。

でも昨シーズンを振り返る時、あの大分戦が「ターニングポイント」になったという意見も少なくない。

今年はどうだ。考えは人それぞれ異なるだろうが、おいらは9人で闘った第3節大分戦を「ターニングポイント」として挙げたい。

でもその答えがわかるのは今シーズンが終わった時、レッズが順位表の一番上にいた時であろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.17

爽やかな日曜日

大概味スタへは武蔵野線経由で行くおいら。
土曜も東川口から府中本町まで武蔵野線。着いてから南武線との接続が悪かったので、徒歩で京王線府中駅へ行き飛田給下車。味スタへは1時間強でしたかね。
IMGP1142IMGP1143IMGP1146





試合に勝ち、水内氏へのお祝いコールが終わってから、心地いい疲れのまま飛田給ではなく西調布へ移動。京王線各停・快速と乗り継ぎ、新宿経由の赤羽で祝勝会でした。
IMGP1181IMGP1184IMGP1189





で、翌日は大宮・・・じゃなくて等々力へ「川崎-名古屋」を観に行ってきました。他の方々はサテを観に新潟やユースを観に甲府へ行かれた方もいたようです。皆さんお疲れさまです。

第9節で名古屋と対戦するので、その視察もかねて観てきましたが、それにしても人が多かったです。天気がいい日曜の昼下がりで関東圏のゲームという事もあり、おいらみたいな両チーム以外のサポーターも来ていたのかもしれません。
IMGP1204





で試合ですが、ご存知のように2-0で名古屋が快勝しました。
詳細はあまり書きませんが、名古屋は去年よりいいチームになってきたと思いました。ウェズレイ問題がやや尾を引いている感じですが、それに変わる若手が結果を出しており、今の好調の要因になっていると思われます。特にDFの増川、MFのルーキー本田、そして途中から投入されたFW杉本が良かったです。5月埼スタでの対戦時には十分気をつけたいですね。
IMGP1209IMGP1219IMGP1221





☆ちなみに次節のC大阪戦は4/23(土)15:00から駒場で。
おいらは終わってから柏(日立台)へ移動して19:00からの「柏-名古屋」を観戦予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.16

【第6節 FC東京戦】

オフィシャルより

■05.04.16 [ Jリーグ第6節vsFC東京戦 ]
2005年4月16日(土)15:35キックオフ・味の素スタジアム
試合結果
FC東京0-2浦和レッズ
得点者 48分エメルソン(浦和)、74分堀之内(浦和)
観衆数:40,113人

「TAKE OFF TOGETHER NOW」

リーグ戦5試合、内容が良くても、届かなかった勝ち点3。

選手達を後押しするために声を上げても、届かなかった勝ち点3。

「欲しい」といってもそこは勝負の世界。簡単に獲れるのもではない勝ち点3。

遠かった・・・長かった・・・。

今日の勝ち点3は選手達やレッズをサポートするみんなで勝ち獲ったもの。

さあここからが俺達のスタート。

前を向いてそして上を向いて、上昇気流に乗っていこうぜ!!

IMGP1155IMGP1174IMGP1182

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.04.15

第6節 FC東京戦プレビュー

2日前に試合をした両チーム。1週間に3試合は久々だけに疲労はピークになっているだろう。

レッズはおそらく前節清水戦と同じ布陣ではないかと思う。動き・内容は決して悪くないだけに、今までと同様に早め早めに相手を追い込んで、ボールを奪い攻撃を仕掛けていきたいところだ。とにかく失敗を恐れず果敢に攻めて行ってほしい。

一方のFC東京はここにきて怪我人が多くなってきた。DFの要、藤山はじん帯損傷で全治2ヶ月から3ヶ月。茂庭も明日の出場が微妙らしい。しかしレギュラーメンバーが揃わないとは言え、そう簡単に勝てるほどサッカーは甘くない。

ベストメンバーが揃わないのはレッズも同じ事。しかし今はDF陣も堀之内をはじめとした個々の選手能力が高いので、十分にやっていると思う。しかし結果がついてこないのではその頑張りも意味がない。

これほどリーグ戦で勝ち点3に見放されたのはいつ以来だろう。今、自分達に出来る事は選手を信じてチームをサポートすることしかできない。

ゴールを・・・そして勝ち点3を・・・。
そう願うキモチ、そしてその思い高ぶらせて、明日は味スタへ乗り込もう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.14

閑話休題

といっても、やっぱりレッズの話。

今年も「さいたまシティカップ」の季節がやってきました。
今回の相手はスペインリーガエスパニョーラの強豪、FCバルセロナとの対戦です。

昨年も来日したバルサ。おいらは鹿島戦を国立で観ましたが、何試合かあったプレマッチの中では、一番楽しかった試合でした。

今年はレッズはこのシティカップをはじめとして海外3クラブとプレマッチを行う予定だそうです。

☆たしか2年前の開催当初の頃、「さいたまシティカップ」って大宮が昇格すれば、浦和&大宮と海外2クラブの計4クラブでリーグ戦みたいのをやるって聞いたことがあったような・・・。同じさいたま市でも大宮はまだ今のところプレマッチの話はないんですね。

IMGP1141

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.13

【第5節 清水戦】

オフィシャルより

■05.04.13 [ Jリーグ第5節vs清水エスパルス戦 ]
2005年4月13日(水)19:05キックオフ・駒場スタジアム
試合終了
浦和レッズ1-1清水エスパルス
得点者:25分チョ ジェジン(エスパルス)、43分長谷部誠(レッズ)
観衆数:15,760人

「ゴール前の閉ざされた壁」

勝てない・・・。

昨日は、今までの試合の中では一番ボールが動いていた試合だと思う。
ガッチリ守られた相手守備に対して、大きなサイドチェンジを始めとした左右からの揺さぶりは理に適った攻撃だと思う。しかし決めるべき人が決めないと勝ち点3は奪えない。決められるチャンスは幾度となくあったはずだ。

勝ちがないリーグ戦5試合、さすがにスタジアムを包む空気が微妙に変わってきた。
でももう3日後には試合はやってくる。相手は2位FC東京。

とにかく上を向いて闘うしかない。

IMGP1125IMGP1134

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.12

第5節 清水戦プレビュー

明日は共にまだ未勝利同士の対戦。

清水はここまで3分1敗の勝ち点3。今季から長谷川健太氏を監督に迎え、よりアグレッシブなサッカーを目指してきたが、北島の怪我による戦線離脱など、まだ方向性が定まっていないようだ。

一方のレッズはスタートダッシュに失敗し、2分2敗の勝ち点2。前節のG大阪戦では先制したものの、それ以降いつもの攻撃的なサッカーはなりを潜め引き分けに終わった。

ギドの口癖は「1-0のサッカーよりも3-2のサッカー」という攻撃重視のサッカーである。とにかく明日はどんどん前へ攻め入ってほしい。勝ちたいのは当たり前だが、とにかく点を獲るところが見たい。もちろん2節の川崎戦では3点取ったもののあれは追いかけている状況だったのだから、望んでいるものとは違う。

「勝利への渇望」。その気持ちがより高いほうが勝ち点3へ近づくだろう。状況は相手だって同じ。
もう落ちるところまで落ちたのだから、あとは上を向くだけだと思う。ここまでの内容は決して悪くないので、自信を持って闘ってほしい。とにかく目の前の敵を破るのみ。勝利への道はそれだけだ。


☆オフィシャルより

■05.04.12 [ U-20日本代表、トレーニングキャンプ ]
4月17日(日)~4月20日(水)に行なわれる、U-20日本代表候補トレーニングキャンプに横山拓也選手が選出されました。
横山コメント「初めての代表選出という事で、凄く嬉しく思います。ワールドユース本大会に出場したいという気持ちが、今まで以上に高まりました。同世代の選手達はJリーグでも活躍しているので、自分も早くチームで結果を出し、U-20代表でも自分の存在感をアピールしていきたいです」

カニ、おめでとう!!
でもまだまだスタートラインに立てただけでこれからだと思います。合宿でもレッズでもどんどんアピールして、代表に欠かせない存在となれるように頑張ってほしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝7時の駒場

朝7時の駒場

細かい雨が降って、肌寒いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.11

歓送迎会&新人歓迎会

歓送迎会&新人歓迎会

4月に入ってから2回目(笑)。まだ月曜なのに・・・。

明朝は駒場。起きられるように頑張れ&お疲れオレ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.10

桜咲く日曜日

埼スタの飲食売店は毎回来るごとに新しいメニューが増えつつあるので、探す楽しみがあってうれしいですね。
IMGP1079IMGP1081





ちなみに昨日はホームゴール裏208ゲート付近の売店で売ってた「豚しゃぶライス」をパクリ。
写真の下は友人が購入した210ゲート付近の売店の「牛串焼きジャーマンポテト添え」です。
IMGP1076





試合終了後は仲間と東川口の中華料理屋で打ち上げ。隣のグループがやや騒々しかったのにはウンザリ・・・。
IMGP1102





で、今日は競馬「桜花賞」の馬券を「ウインズ」で買いつつ都内を徘徊。
今日は昨日と同様いい天気でお花見日和でしたね。桜の咲く所のあちらこちらで盛り上がっていたようです。

写真は中央線車内から撮った飯田橋近辺のお堀端の様子です。
IMGP1105

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.09

【第4節 G大阪戦】

オフィシャルより

■05.04.09 [ Jリーグ第4節vsガンバ大阪戦 ]
2005年4月9日(土)16:03キックオフ・埼玉スタジアム2002
試合結果
浦和レッズ1-1ガンバ大阪
得点者 
31分堀之内(浦和)
49分アラウージョ(G大阪)

「我慢の時」

試合が終わって、選手がゴール裏に挨拶きたとき、おいらは拍手で迎えられなかった。でも批判もできなかった。

内容は決して悪くないと思う。マスコミに「緊急3バック」と揶揄された内舘、堀之内、坪井も頑張っていた。そして前線も試合開始早々から相手に執拗にプレッシャーをかけていく。堀之内の初得点もあった。後半開始早々同点に追いつかれてもまだまだゴールを狙えるチャンスはあった。

しかし・・・結果が出てこなければ意味がない。

勝てないときは、やはりイライラが溜まってくる。それに「あれが悪い」「これが悪い」とどうしても責任転嫁論が出てくるかもしれない。

でも今はそんな事言っていられない。もう水曜日には試合がやってくる。
我慢の時・・・。キモチ切り替えて清水戦に臨みたい。

IMGP1089IMGP1090

IMGP1091IMGP1096


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.04.08

第4節 G大阪戦プレビュー

明日は、前節リーグ戦初勝利のガンバ大阪との対戦。
やはり巷で言われるようなエースストライカー同士の対戦となるだろう。

ガンバの大黒は、前節川崎戦で2ゴールをあげ結果を出している。一方のエメルソンはどうか?

やはりロースタートには変わりない。しかしプレーの端々には復調を予感させるものもあった。前節大分戦では退場者を2人も出し、終始守備に奮闘していた。しかしそんな中でも獲物を狙うかのごとくゴールへ向かうさまは、まさしく「ゴールハンター」という言葉が似合う瞬間だった。

レッズはDFの顔ぶれが変わるが、さほど心配はしていない。内舘も坪井も堀之内も決して見劣りしないと思う。今までの試合運びも決して悪くはない。

とにかく前節大分戦の事は忘れて切り替える事。これがうまくいけば、明日はレッズイレブンらによる「ゆりかごダンス」を何回も見られるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝7時の埼スタ

朝7時の埼スタ

風は穏やか、いい天気です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.07

ココログ新機能

今日から「ココログ」に新機能が備わったらしいですね。

例えば簡単に文字を

大きくしたり、

り、できるようです。

今までそんな不便には思っていなかったのですが、例えば「こういうところで色をつかえたらなぁ」とか思っていたので、それを考えると結構楽しめるかもしれません。

もちろんHTMLだったらもっといろいろできそうですが、そこまでおいらは詳しくはないので・・・。

まあ徐々に使いこなせれば・・・と思います。

明日は朝、埼スタへ行ってきます。早く寝よ寝よ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.06

桜満開!! 春本番!!

今日はとても暖かいというか暑い!!ぐらいで、桜が一気に開花したようです。
帰りに赤坂プリンスホテルそばのお堀の夜桜がきれいだったので、デジカメにおさめてみました。

今週末はお花見がピークのようですが、おいらは埼スタで選手達と共に勝ち点3を獲って盛り上がりたいですね。

IMGP1062IMGP1071

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.04.05

次の遠距離アウェーを考える

次の遠距離アウェーは5月4日(水)神戸戦。場所は神戸ウイングスタジアム。
えーと・・・GW真っ只中、しかも後半3連休の真ん中じゃないですか・・・。ひとまず大分からの帰りの機内で一通りプランを練ってみました。

実は神戸戦の約1週前に静岡スタジアムエコパでアウェー磐田戦があるんですね。平日のナイターなので、できればその日にうちに帰りたい・・・となると新幹線を使わざろう得ないわけでそうなるとちょっとばかりお金もかかるわけでして・・・。

そうなると神戸戦はできれば経費をかけたくないんですね。
今年からオフィシャルスポンサーになった阪急交通社のバスツアーやサポ有志のバスツアーとかありますし、バスって結構安さで考えると魅力的なんですよね。でも深夜バスってもう2~3年乗ってないですし、長時間バスもつらいしなぁ・・・。あとは飛行機の早朝深夜往復ですかね。

早い旨い安いっていう吉○屋のようなキャッチコピーみたいなプランがあればいいのですが、とりあえず時刻表をにらみつつ思案する今日この頃です・・・。

IMGP1050

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.04

大分遠征あれこれ(2日目)

2日目はあんまり出来事がなかったので、短いかも・・・。

10:00チェックアウトなので、朝食もそこそこに昨日の試合の感想をブログにアップし、チェックアウト。
大分空港の集合時間が12:45。ということは大分駅を11:30に出ても間に合うのか・・・。

かといっても1時間半じゃとくに見るところもないので、お得意のブラブラ歩きで空港行きバスの始発となる新川バスターミナルへ行くことにした。
IMGP1017




続きを読む "大分遠征あれこれ(2日目)"

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005.04.03

大分遠征あれこれ(1日目)

そんなわけで大分遠征記をアップします。まずは1日目の半分。

4月2日(土)
昨夜、職場での懇親会で残ったお惣菜を朝食代わりに食べてそそくさと出発。

8:44 東川口駅発
南浦和から京浜東北線に乗り換え浜松町。
IMGP0945




そして東京モノレールに乗るいつものルートで10:00頃羽田空港第2ターミナル着。
IMGP0949IMGP0951




続きを読む "大分遠征あれこれ(1日目)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.02

【第3節 大分戦】

オフィシャルより

■05.04.02 [ Jリーグ第3節vs大分トリニータ戦 ]
4月2日(土)19:04キックオフ・大分ビックアイ
試合終了
大分トリニータ1-0浦和レッズ
88分高松(大分)
観衆数:28,847人

「勝ち点「0」の意味」

開始わずか3分でゲームプランが崩壊。結局己の首をしめてしまった格好になったと思える。もちろんアルパイとネネの退場、山田の負傷、主審の安定しないレフェリング。いろいろ言いたいことはあるが、結果として手元に残ったのは勝ち点「0」だ。

この試合での勝ち点「0」の意味はどこにあったのか・・・。何も得るものはなかったのか・・・。

でもピッチに残された9人の選手と交代で入った3人の選手たちには「よく頑張った」と言えると思う。2人も退場するともう守り一辺倒になってしまい失点するのも時間の問題だと思っていた。

しかし選手たちは決して9対11とは思えないぐらいの力を見せてくれた。大分の拙攻に助けられた感もあったが、いざボールを奪いごくわずかなチャンスを生かしてゴールを決めようという気持ち、そしてその姿勢に頭が下がる思いだった。

自分たちがゴール裏から後半ほぼエンドレスで歌った「Pride Of Urawa」。その言葉の意味・・・今回は逆に選手たちから教えてもらったように思えた・・・。

IMGP0985IMGP0990

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.01

第3節 大分戦プレビュー

ナビスコカップ予選2試合を挟んでリーグ戦が再開。今節レッズはビックアイに乗り込んでアウェー大分と対戦する。
レッズはリーグ戦2試合では1分1敗と決してスタートはよくなかったが、その後のナビスコ2試合で勝ち、少しずつ勝ち癖をつけているようだ。

明日はおそらく大宮戦とは変わらない布陣でのぞみそうだが、負傷の闘莉男にかわってのリベロは堀之内が努める。

ここまで4試合をこなし、少しずつながらチームの流れがよくなってきたが、しかし失点場面はあまり変わってないように思う。90分全部集中しろ言わないが、どこかフッと抜ける時間帯が相手にとってはチャンス。それがここ2試合の後半20分すぎではないかと思う。

レッズの十八番(おはこ)でもある、攻撃的サッカーを貫けばリーグ戦初勝利というお土産があるが、相手もまだ今シーズンホームで勝っていないだけに、モチベーションは高いはずだ。その相手の「強い意気込み」をレッズが「己のペース」に変えられるか。明日は期待したい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

大分遠征への意気込み!?

明日から大分遠征。
大分へ行くの何回目だっけな。ちっと調べてみた。

99年 大分1-0浦和 YNC2回戦-1leg
00年 大分1-1浦和 J2-21節
00年 大分0-2浦和 J2-39節
03年 大分1-3浦和 J1-2nd6節
04年 大分0-3浦和 YNC-予選L3節
04年 大分1-4浦和 J1-2nd4節

うわぁ・・・7回目かよ。でも4勝1分1敗か。
今じゃJ1で一番遠いアウェーになってしまった大分。それだけにウマーなモノを食べて帰るというのが、ある意味遠征の醍醐味になってきた感じ。しかも大概日帰りできない日程になっていて、まるでお金を落とせといわんぐらいの感じだなこりゃ・・・。

大分といえば、「関アジ」「関サバ」「鳥天」「だんご汁」「やせうま」「かぼす」「焼酎」「地酒」とこれでもかというぐらいのまさに食と酒のパラダイス!!しかも安いんですね。

とりあえず明日はしっかり勝点3をいただいて、おいしいもの食べて年度末で疲れた体を癒してきます。


☆おいら用明日のメモ
東川口発 8:30頃
羽田空港着 10:00頃
旅行会社からクーポン受取

羽田空港発 11:15(ANA193)
大分空港着 12:45
12:55か13:00頃の空港バスで大分駅へ
大分駅着14:00頃

ホテルチェック後スタジアムへ

とりあえず忘れないもの
・試合のチケット
・Suica
・パスネット
・デジカメ
・必要最小限(!?)のお金

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »