« 今宵赤坂ネオンの中で・・・ | トップページ | おいらの似合わない街 »

2005.03.26

【ナビスコカップ予選L第2節 大宮戦】

オフィシャルより

05.03.26 [ 2005ヤマザキナビスコカップ予選リーグvs大宮アルディージャ戦 ]
2005年3月26日(土)16:05キックオフ・駒場スタジアム
試合終了
浦和レッズ2-1(前半2-0)大宮アルディージャ
得点者
浦和:田中達也(15分)、エメルソン(23分)
大宮:冨田(64分)
観衆数:17,494人

「余裕なきダービーマッチ」

レッズのゴールは達也とエメ。結果だけを見れば決めるべき人が決めた勝利と思われがちだが、何だかモヤモヤスッキリしないのは自分だけか?

序盤から相手に早いプレッシャーを掛けボールを奪うレッズ。そのスタイルは開幕以来一番いいデキであった。全体的にボールを奪う気持ちは高かったと思う。大宮の堅守速攻に対し、早め早めに相手を追い込みボールを奪い攻撃に転ずる。そんな動きが随所に見られた。最近はこぼれたボールの対しての反応も早い。その結果が1点目、2点目に表れていると思う。

しかしそんな動きも、後半ひとつのセットプレーから一変する。後半19分、こればかりは「GK都築のミス」としかいえないプレーから失点を許す。これから一気に大宮に押し込まれてしまい、ラインがズルズルと下がり中盤で全くボールを奪えなくなった。後半35分を過ぎて今季初出場の西谷を投入するも、流れは変わらず防戦一方であった。

勝つには勝ったが、出来れば試合を決める「もう1点」が早い時間に欲しかったというのもあるし、1点差を守る状況で選手達に「余裕」が見られなかったのにやや不安を感じた。

気になるFW陣では達也がゴールという結果を出してくれた。本来の相手を追い込む動きも戻ってきたし、完全復調も見えてきた。一方のエメはボールを追う動きはよくなってきたと思うが、フィニッシュが決まらない。先制点のきっかけをなったGKとの1対1を決められなかったのがそれに出ていると思う。ただこればかりは時間の問題かも。

DF陣では途中で負傷退場した闘莉男の状態が気になる。もちろんバックには堀之内が控えるが、波に乗りかけた時の戦線離脱は大きい。

代表選手が戻り今週末からリーグ戦が再開する。次節はアウェーに乗り込んでの大分戦。啓太が全体練習に合流したそうなのでいよいよ復帰も近いのか。やはり彼がいると中盤の流れが落ち着くので期待したいところだ。

IMGP0902IMGP0917




IMGP0923IMGP0927

|

« 今宵赤坂ネオンの中で・・・ | トップページ | おいらの似合わない街 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/3447530

この記事へのトラックバック一覧です: 【ナビスコカップ予選L第2節 大宮戦】:

« 今宵赤坂ネオンの中で・・・ | トップページ | おいらの似合わない街 »