« 駒場前日 | トップページ | 今宵赤坂ネオンの中で・・・ »

2005.03.25

ナビスコ予選L第2節 大宮戦プレビュー

「ダービーとはいえど・・・」

浦和VS大宮。おなじ市にJ1チームを持つどうしの対戦。まさにダービーマッチといえるであろう。
マスコミも煽っているようだが、おいらにとっては「我関せず」。
先日の神戸戦でも書いたが、「目の前の敵を叩く」だけの話。その相手がたまたま大宮だという事。

大宮はJ2時代からベースは4バック。中盤との2ラインがとてもきれいに並んでいるという印象がある。やはり注意するのは前線か。
おそらく新外国人クリスティアンとレッズにはおなじみトゥットの2トップになるであろう。しかも控えには散々苦しめられた桜井がいる。2列目には移籍した藤本もおり、少なくとも昨年のJ2時代よりは攻撃のバリエーションが上がっていると思う。

レッズは開幕戦一発退場となったアルパイの復帰が濃厚で、3バックは内舘、闘莉男、アルパイが有力。相手はスピードがあるので、いかに危険地帯への進入を防ぐかがポイントになるだろう。

特に開幕からの3試合、GKとDFの連携が危うい場面が何度か見受けられたが修正できる範囲内であろう。前節の神戸戦では公式戦初勝利だったが、次は無失点勝利を願ってもいいのではないか。攻撃陣も少しずつながら復調の兆しが見えてきた。あとはフィニッシュだけである。

明日は昨年セカンドステージ優勝を決めた11月以来久々の駒場である。埼スタもいいがやはり駒場でやる試合はどこが違う雰囲気がある。

桜の開花を控え、レッズも華々しい開花宣言をしたいところだ。


☆ついでに代表の話も少し・・・。
アウェーイランに乗り込む日本代表。中田英の起用で4バックになったかどうかはわからないが、ある意味賭けに近いのではないか。
確かに中田英の今まで築き上げてきた実力は皆さんご存知の通り。だが今までジーコが築き上げてきたものは崩れはしないか?
小笠原・中村を軸とした攻撃に自信を深めたのではなかったのか?

じっくりと代表を見ることのないおいらが言うのもなんだが、実に気になるところである。

|

« 駒場前日 | トップページ | 今宵赤坂ネオンの中で・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/3435159

この記事へのトラックバック一覧です: ナビスコ予選L第2節 大宮戦プレビュー:

« 駒場前日 | トップページ | 今宵赤坂ネオンの中で・・・ »