« ナビスコ予選L第1節 神戸戦プレビュー | トップページ | 神戸遠征あれこれ(1日目) »

2005.03.19

【ナビスコカップ予選L第1節 神戸戦】

オフィシャルより

■05.03.19 [ ヤマザキナビスコカップ予選リーグ第1戦vsヴィッセル神戸戦 ]

2005年3月19日(土)13:00キックオフ・神戸ウイングスタジアム
試合終了
ヴィッセル神戸1-2(前半0-2)浦和レッズ
得点者:
37分山田(浦和)、42分エメルソン(浦和)、68分三浦知良(神戸)
観衆数:12,748人

「渇望の末に・・・」

立ち上がりから常にレッズのペース。心配していた内舘、闘莉男、堀之内の3バックも悪くなかった。今期初出場の堀之内はよかったが、それ以上によかったのは内舘だろう。後半何度か危機的な状況があったが、瀬戸際で防いでいたのが内舘の果敢なプレーだったと思う。

攻撃陣も次から次へとゴールへの手を緩めない。エメ・達也ともにだんだん体の動きがよくなってきたと思う。達也は1本ゴールさえ決めれば調子は上がってくるだろう。エメはPKのこぼれとはいえ今季初ゴール。しかしきっちり決めたいのかボールを持っているのが長かったように思えた。

後半カズに決められてからは防戦一方。中盤でボールを奪えなくなり、常に最終ラインが脅かされた。しかし同点ゴールは許すまいと選手たちが必死になって1点差を守りきった。

試合内容からしては決してよくない。けれどもこの試合はなによりも「勝つこと」が大事だった。リーグ開幕戦では鹿島相手に痛い星を落とし、続く川崎戦でも星を落とす間際でようやくドローに持ち込んだ。
「勝つ試合がみたい・・・。」そんな思いの中、選手そしてサポーターみんなが渇望した勝利。土曜日はそういう言葉が似合う試合だったと思う。

次はナビ予選第2節大宮戦。「さいたまダービー」と今週はマスコミがあおるだろうが関係ない。
「目の前の敵を叩く」。ただそれだけの事なのだから・・・。

IMGP0844

|

« ナビスコ予選L第1節 神戸戦プレビュー | トップページ | 神戸遠征あれこれ(1日目) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/3354868

この記事へのトラックバック一覧です: 【ナビスコカップ予選L第1節 神戸戦】:

« ナビスコ予選L第1節 神戸戦プレビュー | トップページ | 神戸遠征あれこれ(1日目) »