2017.07.21

第22節 C大阪戦プレビュー

アウェー:ヤンマースタジアム長居
キックオフ 19:00

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、遠藤、森脇
MF:宇賀神、阿部、柏木、関根、武藤、ラファエルシルバ
FW:興梠

【展望】
他のクラブはサマーブレイク期間中であるが、来月行われる「スルガ銀行チャンピオンシップ」開催の影響により、3週間前倒しで行われる第22節。明日はアウェー長居へのりこみ、セレッソ大阪と対戦する。

セレッソは現在11勝5分2敗の勝点38で首位。前節はホームで柏をむかえ対戦。

前半こそ先制点を許すも、後半CKから同点。さらに水沼からのクロスにソウザが合わせてゴールを決めて逆転。一気に流れを引き寄せ勝点3を積み上げた。

その後、中3日で臨んだ天皇杯3回戦では新潟を相手に延長までもつれ込みながらも3-2で勝利。そして17日にはセビージャとの親善試合が行われ1-3で敗戦を喫した。

一方のレッズは前節はホームで新潟と対戦。

前半35分にCKからのカウンターに1度は対応するも、クリアボールが再び相手選手に渡ってしまうという不運も重なり失点。しかし後半に入り74分に森脇のシュートのこぼれ球を阿部が決めて同点。さらに5分後にCKからラファエルシルバが決めて逆転。嫌な流れを吹き飛ばす逆転勝ちで2試合ぶりの勝利となった。

その後は中3日で天皇杯3回戦は熊本と対戦。高木のFKで決めた1点を守りきり4回戦進出。そして15日にはドルトムントと親善試合を行い、先制する最後は勝ち越され結局2-3で敗れた。

セレッソとの前回対戦は開幕直後の第2節。しかしながらレッズはすでにACLを含め公式戦4試合こなしており、そこまで調整や内容の差はプレーの随所に表れていた。しかしリーグ戦が折り返しを過ぎセレッソは首位をキープ。敵将がチームに植え付けてきた意図とフィジカルがようやく実を結びはじめ結果に表れている。それゆえ春先とは別のチームと考えていいだろう。

チームの顔ともいえる清武こそ怪我で不在であるが、FWの杉本や柿谷、さらにコンバートで頭角を現してきた山村などセレッソ特有の若い力が頭角を現している。そして中盤にはソウザなども控えており、未だ毎試合失点を繰り返し、守備に不安を抱えるレッズにとっては、やはり速攻だけは気を付けたいところだ。

ミシャサッカーのウィークポイントは大方対策を講じられているだけに、それを上回る手法で相手を往なせられるのかどうかがポイントとなるだろう。

首位セレッソとの勝点差は「9」。それだけに明日は後半戦のスタートを占う重要な試合となる。長居スタジアムは決して相性は良くないが、それを払拭するほどの力を魅せて勝点3を持ち帰ってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.11

天皇杯3回戦 熊本戦プレビュー

会場:浦和駒場スタジアム
キックオフ 19:00

【浦和予想スタメン】
GK:榎本
DF:田村、遠藤、平川
MF:菊池、長澤、青木、梅崎、高木、矢島
FW:オナイウ

【展望】
明日は天皇杯3回戦。J2ロアッソ熊本を相手に浦和駒場スタジアムで対戦する。

熊本は現在、リーグ戦では5勝4分13敗の勝点19で第19位。直近の試合は8日(土)にアウェーで水戸と対戦。

前半に相手のパスミスを奪った流れからPKを獲得。それをしっかり決めて先制し前半を折り返す。しかし後半、徐々に相手に押し込まれる時間が増えてくると、83分にCKから同点。さらに終了間際の89分に自陣右サイドからのクロスに合わせられてしまい一気に逆転を許してしまった。

ただここで終わらず、AT5分に入りまさしくラストプレーでグスタボの放ったシュートが相手に当たりコースが変わってゴールに吸い込まれるという幸運を味方につけて同点。一気に窮地に追い込まれたが土壇場で勝点1を奪い返した。

一方のレッズは直近は9日(日)にホーム埼スタで新潟と対戦。

不穏な空気がスタジアムを覆う中で、開始直後こそ果敢に攻めるもゴールが奪えず、逆に35分に西川が弾いたボールが相手に当たってそれが小泉の前にこぼれるという不運が重なり失点。重いムードを引きずったまま折り返す。

後半も守備を固めてくる相手に対し、なかなかチャンスが作れずもやもやとした雰囲気ではあったが、74分に森脇のシュートのこぼれ球を阿部が決めて同点。さらに79分にCKからラファエルシルバが決めて逆転と一気に流れを引き寄せた。

またしても失点を喫し、お世辞にも良い内容にはまだまだ程遠かったものの、勝点3という最低限のタスクをこなしなんとか上位に喰らいついた。

週末には親善試合を挟むため、選手起用はやや不透明な部分があるが、おそらく2回戦同様にターンオーバーを敷いてくると思われる。しかし1発勝負ゆえ戦力だけでは推し量ることができず、盛岡戦同様相手が緻密にレッズのウィークポイントを衝いてくるようであれば、試合運びも難しくなってくるかもしれない。

ホームとはいえど駒場の不慣れなピッチで、ボールを繋いでゴールを奪えるかどうか。そして再びトップを脅かすだけの活躍が見られるのかどうか。起用される選手達の気迫を感じてみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.08

第18節 新潟戦プレビュー

ホーム:埼玉スタジアム2○○2
キックオフ 18:30

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、那須、森脇
MF:宇賀神、阿部、柏木、関根、武藤、興梠
FW:ラファエルシルバ

【展望】
明日からリーグ戦は後半戦に突入。第18節はホーム埼玉スタジアムにアルビレックス新潟を迎え対戦する。

新潟は現在、2勝2分13敗の勝点8で第18位。前節はホームで磐田と対戦した。

前半こそ相手を押し込む展開が続いていたが決めきれず逆に40分にサイドを起点にオウンゴールを誘われ先制。後半の54分に自陣右サイドを押し込まれてからのクロスに対し、1度は跳ね返すもこぼれ球に反応した櫻内にゴラッソなゴールを決められ万事休す。

シュート数もわずか1本と寂しく結局0-2で敗れた。これで新潟はリーグ戦5連敗を喫してしまった。

一方のレッズは、直近の試合は水曜日にACLで延期となっていた第13節。アウェー等々力で川崎と対戦。

ここ数試合の不振に伴い、レッズは4バックへ移行し臨んだものの、ぶっつけ本番なシステムはあっという間に相手に見透かされ、特にDFラインの不備を攻められると、瞬く間に中央をスルーパスで割られて2失点。その後3バックに戻し後半1点を返すも、直後に遠藤がPKを与えてしまって失点。さらに1人欠く中でDFラインを整わないまま、長谷川にミドルシュートを決められ失点。

結局1-4と惨敗を喫し、前半戦18試合を8位で折り返す事となった。

明日は共に傷を負いながらも浮上のきっかけを掴みたい一戦。しかし明るい兆しが見えぬままのある意味手探りの90分間になるだろう。

レッズは遠藤が出場停止。おそらく那須がその穴を埋めるものと思われる。しかしながらメンタル面で気落ちしている選手が多く、平常心で闘えるかどうかがポイントになるだろう。

ただそういう中でもきっかけを掴めない限り、いつまでもこの苦境から抜け出すことはできない。やはり今のレッズには勝利と共に相手を「0」で抑えるという強烈なメッセージが必要である。

今シーズン最大の危機を迎える中、彼等はどう立ち向かうのか。まずは明日の90分間。その闘う姿をしっかり見届けたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.04

第13節 川崎戦プレビュー

アウェー:等々力陸上競技場
キックオフ 19:00

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、遠藤、森脇
MF:宇賀神、阿部、柏木、関根、武藤、興梠
FW:ラファエルシルバ

【展望】
明日はACL開催で延期となっていた第13節。アウェー等々力にのりこんで、川崎フロンターレと対戦する。

川崎は、現在8勝5分3敗の勝点29で暫定6位。前節はホームに神戸を迎え対戦した。開始早々から試合は動き、前半は阿部の2得点で折り返すと、後半もゴールラッシュ。特にワンツーからの抜け出しから相手DFを置き去りにする攻撃が多くみられ、3得点を追加。終わってみれば5-0と圧勝。盤石に勝点3を積み上げた。

一方のレッズは前節はホームに広島を迎え対戦。

前半、終了間際に相次いで得点を重ね2-0で前半を折り返すも、後半開始早々に1点を失うと、7分後に同点。さらに72分にカウンターから逆転ゴールを許すとスタジアムの空気が一変した。

しかし85分に関根のパスに抜け出したズラタンが決めると、ATに関根が中盤からドリブルで一気にPA内へ侵入。動きを止めずに放ったシュートが決まり逆転。これで勝点3が再び転がり込んだ。

明日は公式戦4連戦の2試合目。しかしながら自信喪失と疲労で選手達の勢いが見られないのが現状である。土曜日の勝利が良薬になったのかどうかはいざ始まってみないとわからない。ただ相手は川崎。ACLでも対戦するだけにここでズルズルと負ける訳にはいかないだろう。

好調川崎を相手にアウェーでの対戦ということで、とても分が悪いのは承知の上だが、切り替えてなんとか喰らいついて、勝点3を奪ってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.30

第17節 広島戦プレビュー

※事情により、掲載できませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.24

第16節 鳥栖戦プレビュー

※事情により掲載できませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.20

天皇杯2回戦 盛岡戦プレビュー

会場:浦和駒場スタジアム
キックオフ 19:00

【浦和予想スタメン】
GK:榎本
DF:田村、那須、平川
MF:菊池、青木、長澤、梅崎、高木、矢島
FW:ズラタン

【展望】
元日決勝、そしてACLへの道のりがここからスタート。明日は浦和駒場スタジアムに1回戦勝者、岩手県代表でJ3所属のグルージャ盛岡と対戦する。

盛岡は現在J3リーグでは、2勝5分5敗の勝点11で第14位。直近では日曜日にG大阪U-23と対戦。前半12分にクロスからフリーで飛び出してきた相手に奪われ失点。その後も一進一退の状況が続き双方チャンスを作るも決めきれず、0-1で敗戦を喫した。

一方のレッズは直近は日曜日に磐田と対戦。

セットプレーから先制を許すも、前半終了間際と後半早々に得点し逆転。前線から猛然とプレスを掛けてくる相手に難儀する中、ようやく落ち着けるかと思ったその10数分後に、CKからのこぼれ球を奪われカウンターを浴び対応のまずさもあり同点。さらに74分、80分とディフェンスを崩され再逆転を許してしまい、今シーズン最多の4失点で敗戦を喫した。

大勝した新潟戦以降の公式戦5試合では1勝1分3敗と低調。特に失点数が10と際立っている。そもそもしっかり守備を固める下位のチームには得点を奪う事が難儀とされる中、下手にDFラインを上げるとカウンターの餌食となるだけに、その対応が難しいところ。

特に明日はメンバーを入れ替えて臨むゆえに、起用される選手達の意気込みにも期待したいが、指揮官の思い通りになるかどうかは未知数である。しかし現状を打破するのは新しい力も必要であり、しっかりアピールして結果を残してほしいというのが、一縷の望みでもある。

盛岡といえば、前回大会の2回戦で仙台を相手に大差で破ったのは記憶に新しいところ。レッズは普段のホーム埼スタと異なる駒場での一発勝負ゆえ、その独特の雰囲気なりプレッシャーに押され、ミスや油断が一気にピンチを招いてしまう危険性もある。

まずは異なるカテゴリーでの対戦ゆえ、継続してきた力量差を見せつける事ができるかどうかだろう。相手のプレッシャーに慌てることなく、しっかりねじ伏せて元日への第一歩を踏み出してほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.17

第15節 磐田戦プレビュー

ホーム:埼玉スタジアム2○○2
キックオフ 18:30

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、遠藤、森脇
MF:宇賀神、阿部、柏木、関根、武藤、興梠
FW:ラファエルシルバ

【展望】
代表戦を挟んで2週間ぶりのリーグ戦再開。明日はホーム埼玉スタジアムにジュビロ磐田を迎え対戦する。

磐田は現在、5勝4分5敗の勝点19で第11位。前節は、ホームでG大阪を迎え対戦。

怪我から復帰した中村俊輔が攻撃の起点となり、トップに配置された川又や川辺、アダイウトンがゴールに迫るチャンスが何どか見受けられた。そして先制点のシーンは自陣深い位置からのカウンター。川又のロングパスを受けたアダイウトンがDFをかわしGKとの駆け引きを制し先制。さらにセットプレーから追加点を奪い、前半を折り返す。

後半に入っても早々に裏へ抜けたボールに川又が反応、相手DFを制し、冷静にゴールに沈め終わってみれば3-0の圧勝で公式戦5試合ぶりの勝利。ホームで貴重な勝点3を積み上げた。

一方のレッズは、前節はアウェーで柏と対戦。

直前に済州との120分に渡る激闘を制してからの中3日という状況であったが、天候も幸いしお互いの決定機を防ぎながらの白熱した展開であった。しかしATに自陣左サイドからのクロスを折り返されると、フリーの中川に決められ先制。直後に前半が終了するという後味が悪い失点だった。

後半、時間が経つにつれレッズもチャンスを作るも、興梠がPKを外したりGK中村の好セーブで阻まれ、終わってみれば完封での敗戦を喫し、首位柏との勝点差が広がってしまった。

ACLでは勝ち上がったものの、リーグ戦では2試合勝利なしと足踏みが続いており、もやもや感が残っているのが現状である。代表から戻った3選手のうち、遠藤は過酷な状況下でフル出場を果たし、そのリカバリーが気になるところ。また槙野や宇賀神はしっかり練習メニューをこなし、リーグ戦に標準を合わせている。そして怪我で離脱していたラファエルシルバも復帰が近く、連戦を控える中で戻ってくるのは大きい。

レッズは明日から2週間で6試合と初夏の連戦を迎える。天皇杯は大きく入れ替える予想もあるが、それ以外は多少の入替に終始するであろう。磐田が前節で見せた裏へのボールや屈強なFW陣に対し、守備陣がどう対応できるかがポイントであり、ウィークポイントを知り尽くす敵将を組織で跳ね返せるか、見どころは大きい。

1試合少ないものの上位とこれ以上勝点を離されるのは厳しく、なんとか喰らいついて勝点3を奪って、連戦のスタートを切ってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.03

第14節 柏戦プレビュー

アウェー:日立柏サッカー場
キックオフ 19:00

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、遠藤、森脇
MF:宇賀神、阿部、柏木、関根、武藤、李
FW:興梠

【展望】
激闘から中3日。明日はアウェー日立柏サッカー場にのりこみ、柏レイソルと対戦する。

柏は現在、9勝0分4敗の勝点27で第1位。前の試合は水曜日にルヴァンカップグループステージ最終節でアウェーで札幌と対戦。

すでにGS敗退が決まっていることもあり、大幅にメンバーを変更。前半に福森に決められると後半開始早々にも追加点を奪われる。その後クリスティアーノのアシストに宮本がゴールを奪い、1点差に詰め寄るものの善戦及ばす1-2で敗戦を喫した。

一方のレッズは、前の試合は水曜日にACLラウンド16第2戦でホームで済州ユナイテッドと対戦。

第1戦を落とし、0-2からの難しいミッションであったが、前半に興梠と李のゴールで同点に追いつき一気に形成を盛り返す。しかし相手のアウェーゴールに最大限の神経を注ぎ、カウンターにしっかり対応。第1戦での軽い守備を立て直し、チャンスを待った。

それが実ったのが延長後半。何度がチャンスを伺う中で高木のクロスに森脇が決めて逆転。相手のプレッシャーや後味の悪さも残ったが、およそ210分間の激闘に選手達は逆転勝利で応え、9大会ぶりの準々決勝進出を決めた。

明日は移動距離が少ないアウェーながらも、激戦の疲れから苦戦が予想されている。しかも柏はここまでリーグ戦7連勝中と好調をキープしてレッズを迎え撃つ。特にGK中村を中心とした守備陣が好調で、ハイプレスが嵌りそこからの速攻が効いている。レッズとしては苦手な戦術であり、疲労が蓄積している中でそれを掻い潜ることができるかがポイントになる。

また日立台というこじんまりとした専用スタジアムは、すでに敗戦を喫した大宮戦同様に、距離感や独特の雰囲気から苦戦を強いられている。そういうプレッシャーさえも跳ね除けられるだろうか・・・。

1試合少ないながらも勝点差は4。まだ前半であるものの、これ以上離されると上位をうかがうには厳しくなってくる。アウェー戦ゆえ最低でも勝点1を拾ってなんとか喰らいついてほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.30

ACL ROUND16-2 済州戦プレビュー

ホーム:埼玉スタジアム2○○2
キックオフ 19:30

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、遠藤、森脇
MF:関根、阿部、柏木、駒井、武藤、李
FW:興梠

【展望】
アウェーでの敗戦から1週間。舞台を埼スタに移し、明日第2戦が行われる。

第1戦では自らのパスミスをきっかけにカウンターの餌食となってしまい、序盤と終盤に失点を喫し、0-2で敗れた。明日は第1戦とほぼ変わらないメンバー構成が予想されるが、封じられたサイドとカウンターの起点となってしまった高い位置でのプレスを掻い潜れるかがポイントになる。

1点を奪われたらさらに窮地に追い込まれる事は承知の上。それ以前にまずは最低でも同点に追いつくことが重要である。早い時間帯に1点を返すことができれば、状況が変わってくるはず。

相手はレッズのミスを誘うべく、第1戦同様前線からのプレスを掛けつつも、しっかり守備を敷きカウンターに備えるはずだ。ボールを動かし、相手を引き出してスペースを作り、徹底的に攻め立ててプレッシャーを掛けたいところ。

自分達のやるべきことははっきりしているが、課せられたハードルは高い。リスク管理も大切だが、それ以上に躊躇せず仕掛けないと大量得点での勝利は呼び込めない。頭とカラダをフル回転させ、浦和のプライドを魅せてほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)