2017.10.01

【第28節 仙台戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 第28節 vsベガルタ仙台 試合結果

10月1日(日)、ユアテックスタジアム仙台にて行われました『明治安田生命J1リーグ 第28節 vsベガルタ仙台』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 第28節
2017年10月1日(日) 14:03キックオフ・ユアテックスタジアム仙台
ベガルタ仙台 2-3(前半0-1) 浦和レッズ
得点者 26分 興梠慎三、49分 三田啓貴(仙台)、60分 興梠慎三、82分 ラファエル シルバ、88分 クリスラン(仙台)
入場者数 18,026人
試合速報
Jリーグ


「ギャップ」

やはりユアスタは独特な雰囲気があって、緊迫する展開になるし、そう簡単には勝たせてくれず難しい試合になった。

この日、ポイントになったのがサイドでの攻防。仙台の3-4-2-1に対し、レッズは4-1-4-1。最終ラインで枚数が異なることで双方攻守にわたりギャップが生まれ、そこから得点へ繋がる場面が見られた。

レッズの先制点こそセットプレーからではあったが、梅崎→柏木と渡り、なんなくクロスを上げると興梠が絶妙のタイミングで頭で合わせ先制。2点目もサイドで遠藤が野津田を振り切ると一気に駆け上がり、ラファエルシルバからのワンツーパスを経てクロスを上げて最後は興梠がニアに飛び込んでゴール。そして3点目はラファエルシルバがタッチライン際で相手に囲まれつつも、何とか振り切って中へドリブル。武藤とのワンツーで抜け出しゴールを決めた。

逆に失点シーンは2失点目がその典型。サイドのギャップを埋められないまま寄せも甘く、簡単にクロスを上げられ、クリスランにあっさり決められてしまった。また1失点目はギャップ以前の問題であり、簡単なミスとは片付けられないもの。安易なロストから失点に直結してしまったゆえに、強く修正を望みたいところである。

終盤も失点を恐れてか中を絞る形となり、両サイドからクロスを上げられっぱなしだった。もちろん中央で跳ね返せばそれでいいのだが、DFラインを押し上げられないというのもあり、セカンドボールをことごとく拾われ落ち着く時間がなかった。

辛くも逃げ切った形となったが、自分達でしっかりコントロールできれば防げる場面も多々あった。新しいシステムも徐々に浸透しつつあるものの、各々のポジションでのギャップは対峙して見ないとわからない。それだけに修正なりフォローが大事になってくる。

9月9日から始まった週2戦の7連戦もこれで終了。特に7月からの3ヶ月は計22試合とハードなスケジュールが続いた。ルヴァンカップで敗れてしまったゆえに…であるが、気力も体力の疲弊した中でのようやくの長い休息となる。

試合数も少なくなり、ようやくシーズンの終盤が見えてきた。しかしその中でもタイトルを奪えるチャンスを残しているのはモチベーションとしても大きい。短いオフを戦術の浸透なり、体力の回復にしっかり費やして終盤の闘いに臨んでほしい。

Dscn2888 Dscn2899 Dscn2906

<Jリーグ公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.27

【ACL準決勝第1戦 上海上港戦】

オフィシャルより

ACL 準決勝第1戦 vs上海上港 試合結果

27日(水)、上海体育場にて行われました『AFCチャンピオンズリーグ2017 準決勝第1戦 vs上海上港』の試合結果をお知らせいたします。

AFCチャンピオンズリーグ2017 準決勝第1戦
2017年9月27日(水)20:00現地時間(21:00/日本時間)・上海体育場
上海上港 1-1(前半1-1) 浦和レッズ
得点者 15分 フッキ(上海上港)、27分 柏木陽介
入場者数 33,513人
試合速報
Jリーグ


「2度目の上海」

今シーズン2度目となる上海での試合。3月のGSではアウェーの雰囲気もあってか序盤からバランスを崩しミスも重なって、序盤3失点を喫するも、終盤盛り返し敗れたものの2点を返した。それゆえ終わってみればさほどのアウェー感はなかったのかもしれない。

むしろ脅威なのはオスカル、フッキ、エウケソンらの強大な攻撃陣であり、まずは彼等にボールが入らないように指揮官は細心の注意を払って選手の構成をした。

4-1-4-1はこれまでと変わらなかったが、この試合目立ったのが長澤と青木、そして怪我から復帰した柏木の3人だった。特に長澤は強靭なフィジカルをいかんなく発揮し、中盤のせめぎ合いに何度となく勝負に挑んでボールを運んだ。

そのフォローを青木と組むことで比較的ウィークポイントされていた上海の中盤を抑え、最少失点に結びつけた。また貴重なアウェーゴールを奪った起点となったのは青木の浮き球パスから。興梠の絶妙な落としから柏木がダイレクトで決めて上海体育場を静まらせた。

最大級のアウェー環境と言えど、2度目となればある程度免疫もできる。もちろん相手は出場停止などで主力を欠いていたものの、GSに比べるとより堂々とプレーしている印象で、カラダを張って攻守に躍動した。

免疫という面では相手も同じ。3週間後の舞台となる2度目の埼スタこそ本当の勝負となる。前半90分間で得たアドバンテージは決して安全圏ではないが、心理面では有利に運べるはずだ。

ACLでの経験値はなによりも代えがたい。それを生かすためにしっかり調整して第2戦に臨んでほしい。

<テレビ観戦>

Dscn2713 Dscn2717 Dscn2723

<Jリーグ公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.23

【第27節 鳥栖戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 第27節 vsサガン鳥栖 試合結果

9月23日(土・祝)、埼玉スタジアムにて行われました『明治安田生命J1リーグ 第27節 vsサガン鳥栖』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 第27節
2017年9月23日(土・祝) 16:04キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 2-2(前半0-1) サガン鳥栖
得点者 1分 田川亨介(鳥栖)、74分 マウリシオ、80分 田川亨介(鳥栖)、85分 武藤雄樹
入場者数 29,557人
試合速報
Jリーグ


「カイゼン」

試合開始からわずか40秒あまりでの失点。

打った田川を褒めるべき素晴らしいシュートであったが、ボールを失ってから1度も奪えずに小野からあっさり裏へボールを蹴りだされも寄せられずファーストシュートを決められてしまうようでは、あまりにも情けない立ち上がりとなってしまった。

また後半に入り、マウリシオの加入後初得点の喜びの束の間、権田からのロングフィードに矢島が頭で合わせるも後逸しそのままゴール。最後は武藤のゴールで追いつくも、全般的にはレッズのミスと消極的姿勢がスタジアムを覆い、勝点1を積み上げたにすぎなかった。

システムが変わり、改善されたかに見えた守備もここにきて再びの失点癖。指揮官も代わり、守備に重きを置きつつも、必ずと言っていいほど失点を積み重ね、試合後は「改善できる」という選手コメントの繰り返し…。なにをどう修正し改善していくのかハッキリ見えてこない現実こそ深刻と言える。

特に今回の2失点は崩されたものではなく、いずれもヒューマンエラーから。与えられたタスクを忠実に実行できればいいのだが、約束事などが曖昧だとミスも生じやすい。

鳥栖の田川のコメント曰く、
「(1点目は)監督からあそこのスペースは絶対に空いてくると言われていた」、
「相手の背後はいつもスキだらけだということはチーム内でも共通で意識していた」との事で、すでに対策済み。これをレッズの選手達はどう感じたのだろうか…。

すでにリーグ戦も終盤をむかえ、ACLも佳境に入っている。そんな状況ゆえ今さら「カイゼン」しても効果が表れるかどうかわからない。となると、最後はやはり選手個々の意識になってくるのだろう。つまらない失点癖は彼らが一番分かっているはずだ。

限られた時間の中での「カイゼン」に期待して上海へ向かってほしい。

Dscn2672 Dscn2690 Dscn2696

<Jリーグ公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.20

【天皇杯ラウンド16 鹿島戦】

オフィシャルより

第97回天皇杯ラウンド16(4回戦) vs鹿島アントラーズ 試合結果

20日(水)、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場にて行われました『第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会ラウンド16(4回戦) vs鹿島アントラーズ』の試合結果をお知らせします。

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会ラウンド16(4回戦)
2017年9月20日(水) 19:00キックオフ・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場
浦和レッズ 2-4(前半0-1) 鹿島アントラーズ
得点者 7分 金崎夢生(鹿島)、51分 金崎夢生(鹿島)、59分 ズラタン、69分 武藤雄樹、74分 中村充孝(鹿島)、90分 土居聖真(鹿島)
入場者数 10,051人
この試合の結果、浦和レッズの第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会での成績は、ベスト16となりました。
試合速報
公式記録(JFA)】(PDFファイル)


「適材適所」

69分に2点差を追いつき、誰もが蘇ったのが1週間前の大逆転劇の再来。

しかし追いついた事で落ち着いてしまったのか、わずか5分後にスローインから一瞬の隙を衝かれて中村に勝ち越しゴールを決められるとトーンダウン。さらに終了間際にカウンターから土居にダメ押し点を叩き込まれると、遠路遥々熊谷へ来たファン、サポーターらが即座に家路へと急ぐ光景を目の当たりにする事になってしまった。

試合を支配していたものの、いずれの失点もそこに至る流れがお粗末で、対応が後手後手だった印象が強い。特に開始早々7分の失点が大きかった。ラインを上げ過ぎたあげくスルーパスをいとも簡単に通され、最後は一気に駆け上がってきた金崎がゴールを決めたが、攻守の切り替えがハッキリしているほど、カウンターは活きてくる。

新しいシステムに着手してまだ2週間あまり。連戦中で怪我人を抱えつつも選手をやりくりするのは難しいだろうが、逆に不慣れな選手がピッチに立つことでそこが穴だと見極められてしまう事もある。この日もロングフィードから裏を狙われたり、1対1での局面の対決が随所に見られていた。

そういう中で、久々に先発起用された長澤やボランチ起用の青木らが適材適所のポジションで実力を発揮し、要所で持ち味を魅せてくれたことは唯一の収穫だった。

今日の敗戦をもって2つ目のタイトルを逃した。天皇杯は前回大会に引き続きベスト16止まり。リーグ戦首位の鹿島を相手に善戦したという向きもあるが、したたかで勝負強い相手を前に、何度もゴール前でチャンスを作ってただけに、それをモノにできなかったのは反省点だろう。試合後の興梠が語った「勝負弱い」という言葉が余計に身に染みてくる…。

残るのはリーグ戦とACLのみ。並行開催ゆえ選手起用も難しいだろうが、逆に起用できる選手の幅も広がってくる。タイトルをことごとく逃すのは心苦しいが、その悔しさをバネに月末終盤の3連戦に切り替えてほしい。

Dscn2633 Dscn2641 Dscn2645

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.17

【第26節 磐田戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 第26節 vsジュビロ磐田 試合結果

17日(日)、エコパスタジアムにて行われました『明治安田生命J1リーグ 第26節 vsジュビロ磐田』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 第26節
2017年9月17日(日) 16:03キックオフ・エコパスタジアム
ジュビロ磐田 1-1(前半1-0) 浦和レッズ
得点者 21分 ムサエフ(磐田)、79分 興梠
入場者数 23,783人
試合速報
Jリーグ


「割り切り」

連戦をこなす中で指揮官が決断したのは先発メンバーの大きな変更。阿部、柏木、ラファエルシルバら主力を外して、平川、遠藤、青木らを起用し臨んだ。

序盤こそボールをキープし、強風が吹き荒れる中、果敢に何度も裏からボールを配給するもゴールに結びつかす、逆に21分に一番気をつけていたであろう中村俊輔からのFKをムサエフに押し込まれて先制を許してしまう。

その後は一進一退の展開が続き膠着状態が続くも、後半に入り79分に青木のロングフィードから興梠が頭で決めて同点。一気に逆転を狙うも、チャンスを作れず結局1-1の引き分けに終わった。

この日はスカウティングの影響だろうか、何度も後方からボールを入れその度にオフサイドにかかるが、ようやく終盤に実を結んだ形となった。ただこれが出来たのも興梠の技ありのプレーでもあり、彼ゆえのものだと思う。そう考えると他のメンバーだったらこのプレーが実現できたかどうかというと難しい部分もあっただろう。

指揮官は今後の連戦を見据え、メンバーを入れかえて臨むようになった。これまでの一辺倒起用に比べると大きな違いがあるが、本来だったらそうであっても勝点3を積み上げなければいけなかっただろう。しかしこの構成においてのアウェーでの勝点1は、それなりの割り切りとして受け入れなければいけないと思う。

1試合1試合勝点3を目指すことはもちろんであるが、現時点では限界もある。さらに二兎追うものは3つも4つも狙えたいが現実的に厳しいというのは、ここ数試合感じる部分はある。

目標を徐々にシフトして改めて狙いを定めるというのは悪い考えではない。問題はそれを敢行してこそしっかり結果に結び付けなければならない。

現時点ではACLと天皇杯にスイッチしたはずだ。だからこそ今日の勝点1は貴重であり、それを次に生かさなければいけないだろう。

Dscn2465 Dscn2473 Dscn2482

<Jリーグ公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.13

【ACL準々決勝第2戦 川崎F戦】

オフィシャルより

ACL 準々決勝第2戦 vs川崎フロンターレ 試合結果

13日(水)、埼玉スタジアムにて行われました『AFCチャンピオンズリーグ2017 準々決勝第2戦 vs川崎フロンターレ』の試合結果をお知らせいたします。

AFCチャンピオンズリーグ2017 準々決勝第2戦
2017年9月13日(水) 19:30キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 4-1(前半1-1) 川崎フロンターレ
得点者 19分 エウシーニョ(川崎)、35分 興梠、70分 ズラタン、84分 ラファエル シルバ、85分 高木
観客数 26,785人
この結果、2戦合計5-4で浦和レッズの準決勝進出が決まりました。
試合速報
Jリーグ


「奇跡への要因」

前半19分。2点を奪うべく好機を見出している中でのミスに近い形から失点。自らのハードルをさらに上げてしまって、さらに苦境に立たされたが、興梠のゴールと車屋の退場の辺りから、埼スタの空気が変わってきた。

その後、川崎は車屋のポジションに田坂で埋めるべくベテランの中村を下げる。これがいろんな所で言われているこの日のターニングポイントだった…。

キーマンを失った事で、川崎の堅守速攻が影を潜め、一方のレッズは立て続けのCKからズラタンがゴールを決めて2-1。さらに柏木からのパスを受けたラファエルシルバが右脚一閃。清水戦以来のゴールを奪い3-1とし、トータルスコア4-4と追いついた。

そしてクライマックスは同点の余韻が覚めないまま、森脇からのクロスをファーサイドに構えていた高木がダイレクトで返したつもりがそのままゴールに吸い込まれ逆転。ボルテージが最高潮になった時、すでに川崎には反撃する力さえ残っていなかった。

スタジアム全体が短時間で起こった出来事ににわかに信じられないながらも、4分のATも無難にこなし終了。済州戦に続く逆転劇で川崎に勝利し、2戦合計5-4で準決勝へ駒を進めた。

とかく失点がこれまでもモヤモヤを吹っ切らせ、リスクを負いながらも1人多いというリスクを生かし、前へ前へ推進力を強めて連続得点に結びつけた。またスタジアムの雰囲気も1点を奪うたびに一体感を増し、ホームとしての威圧感を久々に醸し出す事ができたと思う。

奇跡ともいえる逆転勝利だったが、これで終わりではない。アジアの頂点まではまだまだ長い道程だ。もちろんここまで苦しんだ要因を踏まえ、次へ向けて修正しなければならないのはもちろんだ。

しかしながら今は勝利の喜びに浸りつつ、いいイメージを持って週末からのリーグ戦、天皇杯と異なるステージの連戦に臨んでほしい。

Dscn2284 Dscn2296

Dscn2313 Dscn2325

<Jリーグ公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.09

【第25節 柏戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 第25節 vs柏レイソル 試合結果

9月9日(土)、埼玉スタジアムにて行われました『明治安田生命J1リーグ 第25節 vs柏レイソル』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 第25節
2017年9月9日(土) 19:03キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 1-2(前半0-0) 柏レイソル
得点者 50分 ハモン ロペス(柏)、86分 武富孝介(柏)、90分 興梠慎三
入場者数 31,619人
試合速報
Jリーグ


「試行錯誤」

4-1-4-1とスタイルを変えて臨んだ試合。ラファエルが右ワイドに据えたのに自分がビックリしたぐらいだから、敵将もさぞや面食らっただろう。ただ前半をスコアレスで折り返すと、敵将はしっかり修正。中盤を省略し、レッズDF陣の裏にロングボールを放り込み、個の勝負に持ち込んだ。

2失点ともDF人が屈強な外国人FWに負けてしまった形。前半こそしっかり枚数で対応し守れていたが、1対1の形となると難しく入れ替わってしまう場面も多々見られ、その結果失点に結びついてしまった。もちろん失点を喫した守備陣に責任があるかもしれないが、それ以上にチャンスがあれど得点を奪えられなかったのが痛かった。

前監督の3-4-2-1から4-1-4-1への転換。これが今後の形となるかどうかはわからない。選手達も「突き詰めたい」というコメントと「オプションの1つ」と話が割れているだけに、まだまだ試行錯誤の状態が続くだろう。しかし短時間ながらも4バックに手応えを掴められたのは大きいが、怪我人が多くさらに本職の選手が足りない状況では付け焼き刃に過ぎない。

順位の差、勢いの差が純然と出た敗戦であった。ただ今は収穫と修正を繰り返して次の試合を見据えなければならない。大事なカップ戦も控えている。敗戦をしっかり糧にして再びの連戦に臨んでほしい。

Dscn2251 Dscn2258 Dscn2267

<Jリーグ公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.03

【ルヴァンカップ準々決勝第2戦 C大阪戦】

オフィシャルより

JリーグYBCルヴァンカップ 準々決勝第2戦 vsセレッソ大阪 試合結果

9月3日(日)、埼玉スタジアムにて行われました『JリーグYBCルヴァンカップ 準々決勝第2戦 vsセレッソ大阪』の試合結果をお知らせいたします。

JリーグYBCルヴァンカップ 準々決勝第2戦
2017年9月3日(日) 18:34キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 2-2(前半0-2)セレッソ大阪
得点者 10分 マテイ ヨニッチ(C大阪)、44分 丸橋 祐介(C大阪)、48分 武藤雄樹、71分 興梠慎三
入場者数 23,116人
この試合の結果、2戦合計2-2でアウェイゴールにより、浦和レッズのJリーグYBCルヴァンカップでの成績は、ベスト8となりました。
試合速報
Jリーグ


「足枷」

セットプレーから2失点。

決定的に崩された時間は少なかっただけに、早々に奪われたアウェーゴールが大きな足枷になってしまった。後半から猛チャージをかけ同点に追いつくもあと1点が足りず、タイトル連覇のチャンスを失った。

U21枠は橋岡を起用。伊藤の起用も予想されたが、得点を奪わなければいけない状況を踏まえるならば、致し方ない選択。それだけに第1戦のスコアレスもそうだが、先制点を奪っての主導権を握れなかったのは後々響いた。

今後リーグ戦もそうだが、ACL、天皇杯と年末へ向けての重要な連戦が続く。1つのタイトルを失ったのは残念だが、しっかり切り替えて次への闘いへ切り替えることも大事である。

ルールでは敗戦となったが、同点に追いついたことは今後の自信に繋がってほしいと思いたい。

Dscn1409 Dscn1416 Dscn1423

<Jリーグ公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.30

【ルヴァンカップ準々決勝第1戦 C大阪戦】

オフィシャルより

JリーグYBCルヴァンカップ 準々決勝第1戦 vsセレッソ大阪 試合結果

30日(水)、ヤンマースタジアム長居にて行われました『JリーグYBCルヴァンカップ 準々決勝第1戦 vsセレッソ大阪』の試合結果をお知らせいたします。

JリーグYBCルヴァンカップ 準々決勝第1戦
2017年8月30日(水) 19:03キックオフ・ヤンマースタジアム長居
セレッソ大阪 0-0(前半0-0) 浦和レッズ
入場者数 7,784人
試合速報
Jリーグ


「前半90分」

清水戦から中2日という日程を考慮してか、指揮官は選手達の調子を確認しながら慎重にメンバーを決めてピッチに送り出した。

アウェーゴールを与えないべく中央を固めてくる相手に対し、前半こそマウリシオから矢島へ縦パスを絡め仕掛ける場面が何回かあったが、1度高い位置で引っかけられて以降、サイドからの攻撃に終始してしまい、より一層慎重な試合運びを強いられていたような気がした。

後半に入ると、マウリシオが負傷交代。予想だにしない形で2種登録の橋岡がJ公式戦デビューを果たした。屈強なリカルド・サントスとのマッチアップになったが、そのパワーに屈することなく最後まで相手に喰らい付き、DFとしての任務をこなした。

攻撃陣は伊藤が初先発。シャドーの一角として任されたものの、分厚い守備に手を焼く場面も多々見られ、なかなか得点に結びつけるような場面は少なかった。2人ともスタミナ面などまだまだ考慮する点は多いものの、得られるものは大きかったと思うし、次も十分期待していいと思う。

結果から見ればスコアレスドロー。次へ向けてはスコアレス以外の引き分けでは勝ちあがれず、要は勝たなけれいけないという至極全うな目標が設定されただけにその点ではわかりやすいだろう。

守備に没頭すると攻撃への展開が計れず、アンバランスに陥りやすい。特にカウンターが嵌らないのは現状では厳しいところである。もう4日後には第2戦が控えている中でしっかりと修正して、後半90分間に臨んでほしい。

Dscn1285 Dscn1289 Dscn1295

<Jリーグ公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.27

【第24節 清水戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 第24節 vs清水エスパルス 試合結果

27日(日)、IAIスタジアム日本平にて行われました『明治安田生命J1リーグ 第24節 vs清水エスパルス』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 第24節
2017年8月27日(日) 18:03キックオフ・IAIスタジアム日本平
清水エスパルス 1-2(前半1-0) 浦和レッズ
得点者 30分 角田誠(清水)、64分 遠藤航、70分 ラファエル シルバ
入場者数 16,194人
試合速報
Jリーグ


「着実なる変化」

8年ぶりの日本平。客席からピッチまで近く独特の雰囲気の中、またしても先制点を許し、難しい試合を強いられたが、辛抱強く耐えに耐えて逆転勝ち。

何度もゴール前までチャンスを作るも、CKから均衡を破られて以降は尻すぼみ。しかしこの日久々に先発に起用された梅崎が自陣右サイドから何度も仕掛け、またボランチとして再びチャンスを与えられた矢島が前線へ効果的なパスを供給するなど攻撃の活性化を促していた。

これが功を奏したのが後半に入っての64分。CKからの流れで遠藤が同点ゴール。さらにその6分後にはその梅崎からのクロスに興梠が超人的な収めでDF4人を引き付け、パスをうけたラファエルシルバが左脚一閃。ゴールが決まり一気に逆転を果たした。

印象深かったのは決して無理強いはしなかったこと。もちろん両ウイングからの攻め上がりが効果的であったが、決して単騎で奥深くまで攻め入ることはなく、慎重に攻めのリズムを調整し、得点への糸口を探っていた。また守備面においてはCKから失点こそ喫したものの、その後は決定的な場面を許したのはわずか。カウンターを仕掛けられても自陣に素早く戻り、二次三次攻撃への転換を許さなかった。

前半戦のような派手さや鮮やかさの内容とは真逆。これまで以上に勝点3に執着し、懸案だった守備を最注視しつつも、攻撃のポテンシャルを維持する事である程度改善できた部分もある。選手達も競争しモチベーションを上げる事で結果を出してきた。諸手を上げるほどまでは程遠いが、変化は生まれている。

リーグ戦3連勝だと言われても、ACLでの敗戦を挟んだせいかピンとこない。だがもう3日後には連覇を懸けたリーグカップ戦の初戦が待っている。異なる大会が続き使うボールが変わるなど現場は大変かと思うが、ここまで結果が出てきたことで、サポートする側も気持ちが戻りつつある。

着実なる変化を感じつつ、残暑の連戦を乗り越えてほしい。

Dsc_1376 Dsc_1385 Dsc_1388

<Jリーグ公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧