2017.08.19

【第23節 FC東京戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 第23節 vsFC東京 試合結果

8月19日(土)、埼玉スタジアムにて行われました『明治安田生命J1リーグ 第23節 vsFC東京』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 第23節
2017年8月19日(土) 20:00キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 2-1(前半2-1) FC東京
得点者 17分 興梠慎三、22分 橋本拳人(FC東京)、30分 興梠慎三
入場者数 31,818人
荒天の中、ご来場ありがとうございました。
試合速報
Jリーグ


「表裏一体」

雷雨の影響で試合開始が2度延びて20時キックオフ。この荒天がピッチに大きく影響するかと思っていたが、目立つほどの水たまりもなく、グラウンドキーパーの日頃からの管理に感謝するばかりである。

レッズはマウリシオがリーグ戦初先発。槙野と怪我の森脇に代わり右ストッパーを担った遠藤と3人で最終ラインを形成した。やはり指揮官はシャペコエンセ戦を挟んだ中断中に守備意識の植え付けに時間を費やした。

ただ、決して守備一辺倒ではなく、攻守の切り替えと守備における約束事の確認だろうか、プレイが中断しては何度も選手達で確認し合う場面がよく見られた。攻撃は久々のKLMが躍動。柏木を起点にフリックを使い相手を翻弄。興梠のフィニッシュも難しい体勢だったがゴールを決め2得点を重ねて久々の勝点3を奪った。

失点シーンこそ、中央を開けて大久保に前を向かれてからの起点となったが、以降は崩されるシーンこそ少なかったように感じる。ただ途中から起用された中島を中心に単騎ドリブルで攻め込んでのシュートにポストやバーなど助けられた場面が多々見られた。

これまで長期間費やして攻撃の形を積み上げてきたレッズにとって、新たに守備意識の構築というのは生半可では仕上がらない。たとえすぐに結果が出ていたとしても、本当の勝負は上位陣との対戦で実を結ぶかどうかである…。

後半の状況を鑑みればもう少し得点が入ってもおかしくなかったが、ラファエルと矢島が絡んだシュートはこれからの可能性を見い出す1つのヒントにも成り得る。競争意識から派生するプレーの質の向上はチームに大きなプラス材料と言っても過言ではないだろう。

今日の試合を皮切りに、いよいよ異なる3つの大会が入り混じった6試合が始まった。幸先のいいスタートを切れたが、まだまだ難敵が続く。攻撃のリズムと守備意識は表裏一体。まだまだ時間を掛けなければいけないだろうが、それが上手く嵌ればまだまだ浮上の余地は十分あるだろう。

Dscn1071 Dscn1086 Dscn1098

<Jリーグ公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.15

【スルガ銀行CS シャペコエンセ戦速報】

オフィシャルより

スルガ銀行チャンピオンシップ2017 SAITAMA vsシャペコエンセ(ブラジル) 試合結果

8月15日(火)、埼玉スタジアムにて開催されました『スルガ銀行チャンピオンシップ2017 SAITAMA vsシャペコエンセ(ブラジル)』の試合結果をお知らせします。

スルガ銀行チャンピオンシップ2017 SAITAMA
2017年8月15日(火)19:00キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 1-0(前半0-0) シャペコエンセ(ブラジル)
得点者 90+4分 阿部勇樹
入場者数 11,002人
この結果、スルガ銀行チャンピオンシップ2017 SAITAMAは浦和レッズの優勝となりました。
試合速報
Jリーグ
JFA公式記録(PDF)


「肉弾戦」

お盆でかつ雨予報の埼スタは、普段よりも寂しい1万人強。しかし、そこで繰り広げられた試合は、単なる親善試合でもなくまさしくタイトルマッチそのもの。

熱きラテンの血が流れるシャペコエンセの選手達からは、このカップ戦に懸ける並々ならぬ意欲がたぎり、それがプレーの端々に肉弾戦として表れた。

アジアや欧州では見られない激しいぶつかり合いでレッズの選手達はことごとく当たり負け、なかなか攻撃へのスイッチを入れる事はできなかったが、最大の課題であった守備は新加入のマウリシオがCBに入り統率。危なげなく仕事をこなし、他の選手達の連携もさして問題はなかったように思える。

終了間際のPKで得た1点をしっかり守りきった形となり、これで公式戦2試合連続でのクリーンシート。まだまだ荒い部分もあるがなんとなく目指そうとしているものが見えてきたように感じる。

思い起こせばレッズが南米のクラブと試合をしたのは、2004年にイギリスマンチェスターで行われたボカ・ジュニアーズとの試合以来。以降南米のクラブと真剣勝負ができる舞台には立てなかったため、この大会はまさしく貴重だ。

注目度こそまだ低いものの、この試合で得るものはとても大きかった。それだけに今シーズンもルヴァンカップを制覇し、またこの舞台に戻ってきたいと強く感じた。

Dscn1019 Dscn1046 Dscn1057_2

<JFATVハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.09

【第21節 甲府戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 第21節 vsヴァンフォーレ甲府 試合結果

8月9日(水)、山梨中銀スタジアムにて行われました『明治安田生命J1リーグ 第21節 vsヴァンフォーレ甲府』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 第21節
2017年8月9日(水) 19:03キックオフ・山梨中銀スタジアム
ヴァンフォーレ甲府 0-1(前半0-1) 浦和レッズ
得点者 19分 柏木陽介
入場者数 14,489人
試合速報
Jリーグ


「泥臭く」

久々にクリーンシートでの勝利。

調子の良かった頃には程遠いかったが、分厚く守りカウンターを狙ってくる相手に対し、泥臭くボールに執着し、1点を守りきり勝点3を奪った。

序盤からチャンスを作るもフィニッシュに結び付けられなかったが、その中で魅せた柏木の先制点となるループシュートはラファエルとのパス交換からのもの。苦しい中でのコンビネーションプレーが貴重なゴールを生み出した。

守備も興梠をはじめ、攻撃陣も前線から積極的にプレスをかけるなど献身的なプレーが功を奏し、体力が落ちた最後までカラダを張って、相手の攻撃を封じ込んだ。

堀体制2戦目。何かが劇的に改善したわけではないが、これまで手をつけなかったと言われた守備への意識が少しずつ見えているようにも感じる。

守備への意識が強すぎると、攻撃への転換も遅くなることもある。そのバランスこそまだまだであるが、こればかりが時間が必要なのかもしれない。

幸いにも次節まではカップ戦を挟んで10日間。いい流れを汲んで今後やりたい事や修正したい事などじっくりと臨めるだろう。一番上こそ難しいが、まだまだ顔を上げられるだけの余地はある・・・。そう感じた90分間だった。

☆DAZN観戦

Dscn0922 Dscn0936 Dscn0942

<Jリーグ公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.05

【第20節 大宮戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 第20節 vs大宮アルディージャ 試合結果

8月5日(土)、埼玉スタジアムにて行われました『明治安田生命J1リーグ 第20節 vs大宮アルディージャ』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 第20節
2017年8月5日(土) 19:04キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 2-2(前半1-0) 大宮アルディージャ
得点者 26分 興梠慎三、66分 マテウス(大宮)、69分 柏木陽介、88分 瀬川祐輔(大宮)
入場者数 45,411人
試合速報
Jリーグ


「競争力」

堀新体制の初戦は2度のリードを守れずドローでの船出。ただヒューマンエラーの側面もあり、なんとも評価に難しい内容となってしまった。

試合の入りから安易な失点を防ぐべく、選手達は守備的に意識を傾け試合に入ってこれたのは大きかった。もちろん攻撃への切り替えは遅くなるものの、これまで積み重ねてきた失点数を振り返るならばその改善の意図は大きく、途中までは大きく破綻する事はなかった。

ただその潮目が一気に変わったのは、後半21分。リスタートからのパスミスがなんとも相手への絶妙なプレゼントパスとなってしまい同点。直後に菊池が上げた早いクロスからGK加藤が弾いたところに柏木が詰めて勝ち越し。しかし終了間際に自陣左サイドからのクロスに瀬川に決められて再び同点に追いつかれて終了。連敗こそ止めたものの、どこかしらモヤモヤ感が残る結果だった。

内容こそ優位に進めていたが、決め手に欠けたレッズに対し、シュート数はわずか8本でも、相手のミスを巧みに利用し決め手勝負で引き分けに持ち込んだ大宮。やはりダービーという雰囲気と土壇場での強みでは相手の方が勝負強かったと思わざろう得ない。

槙野の出場停止、那須のケガと本職のDF陣が相次いで足りない状況で、緊急的とはいえこれまでと同様の3バック起用となったが、特に1失点目のようなミスが起こっては、正直誰が監督をやろうと防げるものではないし、こればかりは采配には問えないもの。プロとしてチームとしての集中力の欠如が引き起こしたものであり、これは当事者なりその近くにいた選手達には猛省してほしいところである。

課題と言われていた守備は一朝一夕では解決できないもの。現状でのスタイルしかり、指揮官の臨む形しかりやり方は各々あるだろう。しかし短期間で植え付けたのはこれまで見られなかった「競争力」ということ。この日も前節に比べスタメンをかなりいじってその印象を強くした。その期待に応えたのは1アシストの菊池であり、前線から惜しみないプレスを敢行したズラタンだと思っている。

結果こそ引き分けだったが、もう4日後には次節が控えている。再び競争を促しスタメンを替えてくるのか注目し、その起用に応える選手達の活躍にまた期待したい。

Dscn0869 Dscn0889 Dscn0901

<Jリーグ公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.29

【第19節 札幌戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 第19節 vs北海道コンサドーレ札幌 試合結果
7月29日(土)、札幌ドームにて行われました『明治安田生命J1リーグ 第19節 vs北海道コンサドーレ札幌』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 第19節
2017年7月29日(土) 14:03キックオフ・札幌ドーム
北海道コンサドーレ札幌 2-0(前半1-0) 浦和レッズ
得点者 32分 都倉 賢(札幌)、88分 ジェイ(札幌)
入場者数 33,353人
試合速報
Jリーグ


「裏目の連続」

福森のCKから槙野に競り勝った都倉のヘッドが決まり先制を許すと、流れが一向にレッズに向かぬまま、以降退場、3枚替え、負傷という負の連鎖が立て続けに起こり、為す術ないまま敗戦を喫した。

槙野の行為は故意ではないにせよ、それまでの都倉のバトルは見物だっただけに、ああいう形でピッチを去ってしまったのは残念だった。むしろここ数試合のパフォーマンスが落ちているのも事実で、責任感が裏目に出てしまった。

また指揮官も前半の槙野の退場で、前半は4バックで凌ぐも、後半開始からまたしても3枚替えという愚策に茫然。守備を安定すべく那須を投入するも、早々に筋肉系のアクシデントで負傷退場。9人でプレーを強いられるという状況に陥ってしまった。

たとえ結果論だとしても、リスクマネジメントがないと揶揄されても致し方ないやり方で、交代枠を使い切ってしまった事から、逆に選手達が無理強いできない状況に陥ってしまったというのも、もどかしい結果となってしまった。

9人になってボールを回せていたという印象があったが、これは敵将が4人で攻めて6人で守るという割りきりの采配が生んだ妙で、中盤に空いたスペースをレッズがボールを持って、クロスボールからチャンスを作るも、真ん中を閉じたゴール前はなかなか割ることができず、選手達の体力だけが奪われていった。

終わってみれば0-2。ロースコアながらも内容よりも勝ちにこだわった相手の方が雰囲気も凌駕し圧倒された。
自信を失ったレッズにとって打開策も見いだせず、失望感だけが漂う敗戦となった。

裏目の連続ではあったが、決して不運という言葉だけでは片づけられない内容だったことは明白。パフォーマンスの低下しかり、奇妙な采配しかり、苦難な低空飛行はまだまだ続きそうだ…。

Dscn0704 Dscn0711 Dscn0715

<Jリーグ公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.22

【第22節 C大阪戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 第22節 vsセレッソ大阪 試合結果

7月22日(土)、ヤンマースタジアム長居にて行われました『明治安田生命J1リーグ 第22節 vsセレッソ大阪』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 第22節
2017年7月22日(土) 19:04キックオフ・ヤンマースタジアム長居
セレッソ大阪 4-2(前半4-2) 浦和レッズ
得点者:6分 杉本健勇(C大阪)、8分 杉本健勇(C大阪)、18分 ズラタン、27分 山口蛍(C大阪)、35分 丸橋祐介(C大阪)、45+1分 ラファエル シルバ
入場者数:32,711人
試合速報
Jリーグ


「凋落」

純然たる力負け。

特に開始早々での6分、8分の失点シーンは今のレッズの凋落そのものであり、相手より出足も遅く、常に後手後手の対応となっていた。

ミシャサッカーは、どの敵将もほぼ対策済みでボールの出所しかり受けてしかり常に相手が先を読み、逆に自分達がなぜいつものプレーができないのか混乱しているように見受けられる。

簡単に失点を積み重ね、攻撃も手詰まればチームとしても不穏な空気が流れるし、観ている側にも不信感が募るばかりである。この日も2点を返したが、決して相手を崩すプレーはなく、“自分達のサッカー”となるととても程遠い。

ピッチ上での出来事はプレーしている選手しかわからない。ただ修正を試みようと、頭で理解してもそれがプレーに反映できないのであれば、なんの意味もない。

隣の芝生は…というけれど他クラブに比べるとおとなしいし、監督を支える気持ちは強いが、逆にそれが落とし穴になっているような感も垣間見えてくる。

包み隠さず述べるのなら、今のレッズはサッカーとしての体を保っていない。安い失点と敗戦を繰り返す中で自信を失っている。本来ならやれるべきところができていないのならなおさらだし、主力に依存し過ぎたツケも出てきてしまった。

ただ、試合は待ってくれない。

修正すべき箇所なり、選手達の構成、バランスなど見直す点はいくらでもある。しかしサッカーには明白な正解がないだけに、指揮官なりそれはプレーする選手達がピッチで答えを出さなければならない。

出口が見えない暗闇の中でどう模索し続けるのか。打開すべき策が見えない限り、まだまだ低空飛行な日々が続きそうである…。

Dscn0443 Dscn0449 Dscn0452

<Jリーグ公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.15

【Jワールドチャレンジ ドルトムント戦】

オフィシャルより

明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017 vsボルシア・ドルトムント 試合結果

15日(土)、埼玉スタジアムにて開催されました『明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017 浦和レッズ vs ボルシア・ドルトムント(ドイツ)』の試合結果をお知らせします。

明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017
2017年7月15日(土)19:13キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 2-3(前半1-0) ボルシア・ドルトムント(ドイツ)
得点者:24分 興梠慎三、76分 エムレ モル(ドルトムント)、79分 エムレ モル(ドルトムント)、85分 遠藤 航、88分 アンドレ シュルレ(ドルトムント)
入場者数:58,327人
試合速報
Jリーグ


「真逆」

終わってみるとボール支配率は6.5対3.5でドルトムントの圧勝。

前半から相手がボールを支配している状況というのは普段とは真逆の展開。親善試合とはいえど、これまでとは違う流れで相手に対峙する事になり、後半1点リードしている状況でどう展開していくのか1つのヒントと捉えて注目した。

後半も相手ペースで試合が進むも、流れが大きく変わったのは終盤にしさしかかろうとした76分。途中から入ったエムレモルのドリブルを止めきれぬまま同点ゴールを許してしまうと、その3分後にもバイタルエリアを開けてしまったところにまたもエムレモルに決められ逆転。

85分にCKから遠藤のヘディングで同点に追いつくも、その3分後には連係ミスから勝ち越しゴールを決められ万事休す。失点癖が抜けきらず、中途半端な結果に終わってしまったが、普段見られる事のない展開にミシャサッカーがどう立ち向かえたのか興味深い90分間だった。

相手に支配されている中での有効な手立てなのは、やはりセットプレーとカウンターなのであるが、お世辞にもどちらも得意とは言えない。ただこの日の2得点はいずれもCKからと指揮官にとっては不満だったかもしれないが、観ている側にとってはとても新鮮だった。

いまだ低空飛行のレッズにとって、この試合が1つのきっかけになれればそれに越したことはない。久々の5万人超となった大観衆の中、強豪ドルトムントとの対戦の中で何か得られるものがあったのか…。

まずは1週間後の再開へ向けてしっかり切り替えてほしい。

Dscn0128 Dscn0136 Dscn0140

<Jリーグ公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.12

【天皇杯3回戦 熊本戦】

オフィシャルより

第97回天皇杯3回戦 vsロアッソ熊本 試合結果

12日(水)、浦和駒場スタジアムにて行われました『第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会3回戦 vsロアッソ熊本』の試合結果をお知らせします。

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会3回戦
2017年7月12日(水) 19:03キックオフ・浦和駒場スタジアム
浦和レッズ 1-0(前半1-0) ロアッソ熊本
得点者 45+2分 高木俊幸
入場者数 5,806人
試合速報
公式記録(JFA)】※PDFファイル


「メッセージと危機感」

終わってみれば公式戦では5月末のホームACL済州戦以来8試合ぶりの完封勝利。さらに言うならば公式戦30試合目にしてようやく6つめのクリーンシートとなった。

開始からレッズ対策として5バックで対応。攻撃の形としてバックラインからのロングフィードに活路を見い出そうとしていたが、なかなか前線の選手と合わず、攻撃が淡白になりかけていた。

そんな中でファウルで得たFKを高木が鮮やかに決めて先制。重いムードを払拭するような得点だった。そして後半開始から武藤を投入。前線が活性化しチャンスも何度か作ることができたが最後が決めきれず、追加点が奪えなかった。

一方の守備は遠藤を中心に田村、長澤という構成。後半に自陣左サイドからのクロスに対し、ゴール前で相手をフリーにさせるという最大のピンチを迎えたものの、ミスにも助けられて凌ぎ切る事が出来た。

これまで多くの得点を奪う事で勝利を手繰り寄せる事が多かったが、この日はウノゼロ。格下相手という事からあと1点、もう1点という逸る気持ちもあったろうが、しっかり相手を抑えきったということで、メンバーをある程度入れ替えても、守備に重きを置いて整備できればゼロで締められるいう強烈なメッセージを発する事ができた。

大きく選手を入れ替えて臨んだ今日の天皇杯であったが、勝ち進んだ先もミッドウィークでの開催が続く。ともすれば、今後連戦の最中に自分達でつかんだチャンスを再び別の機会で存分にアピールできる可能性もある。

自らの力はまだまだ未熟なのかもしれないが、危機感を強く持って臨んだことでチームとして結果を残したのは大きい。勢いこそ乏しいものの、この流れがレギュラー陣にも波及してほしいと切に願うものである。

Dscn0072 Dscn0075 Dscn0102

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.09

【第18節 新潟戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 第18節 vsアルビレックス新潟 試合結果

7月9日(日)、埼玉スタジアムにて行われました『明治安田生命J1リーグ 第18節 vsアルビレックス新潟』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 第18節
2017年7月9日(日) 18:33キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 2-1(前半0-1) アルビレックス新潟
得点者:35分 小泉 慶(新潟)、74分 阿部勇樹、79分ラファエル シルバ
入場者数:28,740人
試合速報
Jリーグ


「這い上がるべく…」

前半35分。カウンターを遅らせたまではよかったが、GK西川が弾いたボールが相手に当たりそのこぼれ球を小泉に押し込まれ失点。不運な形で失った1点が重くのしかかり、前半を折り返した。

後半も守備を6枚敷いてゴール前を固める相手に難儀したものの、74分に森脇がPA外から放ったミドルシュートがポストに当たり、そのこぼれ球を阿部がすかさず決めて同点。そしてその5分後にもCKからラファエルシルバが自らのヘディングシュートのこぼれ球を足で押し込み逆転を果たし一気に流れが変わった。

決して上手い試合運びだった訳じゃなかったし、パスミスも散見。それに加えまだまだカウンターからピンチを迎える場面も多々あった。現に最下位のクラブに勝っただけの話なのかもしれないが、中途半端な暗いトンネルを抜け出すために選手達は必死にもがいて焦りながらも、後半なんとかスイッチを切り替えてゴールに何度も立ち向かったのは評価したい。

指揮官のと一部のサポのやりとりなり、そこで派生した発言だけが1人歩きしたこの数日間であったが、しっかりと勝点3を積み上げて混戦の上位に喰らいついている。

この勝利で何かが変わるかどうかは水曜日の天皇杯もそうだが、親善試合後の首位セレッソ戦まで分からない。
ただ阿部キャプテンの言葉もそうであるが、自分達は這い上がっていくしかないのである。

Dscn0012 Dscn0033 Dscn0046

<Jリーグ公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.05

【第13節 川崎戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 第13節 vs川崎フロンターレ 試合結果

7月5日(水)、等々力陸上競技場にて行われました『明治安田生命J1リーグ 第13節 vs川崎フロンターレ』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 第13節
2017年7月5日(水) 19:03キックオフ・等々力陸上競技場
川崎フロンターレ 4-1(前半2-0) 浦和レッズ
得点者 16分 小林 悠(川崎)、26分 阿部浩之(川崎)、73分 槙野智章、82分 小林 悠(川崎)、84分 長谷川 竜也(川崎)
入場者数 22,561人
試合速報
Jリーグ


「自信喪失」

キックオフ後レッズが選択したのは迷走する中で導き出した急造の4バック。だが、それで勝てるほど勝負事は甘くない。ましてや敵将に冷静に心理までを見通されてしまったのでは元も子もなかった。

CB2人があっさりシュートコースを開けてしまい前半だけで2失点。後半から3バックに戻し、最初こそパスワークで崩し、何とかCKから1点を返すも、PKに加えさらなる追加点が傷口に塩を塗る形となり守備崩壊。1-4で成す術なく終わってしまった。

とかく攻守のバランスが悪く、中盤での繋ぎも選手個々の位置がふらふらとブレまくっていると、なかなかスイッチが入らない。また、ボールキープ時のフォローも少なく、結果的にパスコースが限定され、速攻が仕掛けられない事も多々みられる。

選手達が自信喪失のは事実で、如実にプレーに表れる事もある。ただそれを判断するのは指揮官であり、意欲がない選手をピッチに立たせても困る。メンタル面から推測するに、今は何をやってもダメなときはダメなのだと思う。あとはどこまで落ち込ませてから上げていくかという事。それ以上にベンチやベンチ外の選手達は、自分だったら…とより歯痒い思いなのかもしれない。

能力が高い選手を起用しても、それだけでは勝てない。連携でありシステムこそ重要なのかもしれないが、昨シーズンと大きくメンバーが変わらない中ですでに昨年の総失点数を越えてしまっているというのは、攻略されているという裏打ちでもある。

リーグ戦は半分の17試合を消化。ACLとの並行開催で日程をこなす中とはいえ、やはりここまで7敗は重い結果である。

巻き返す力こそ残っているのだろうか…。まずは自信を取り戻すことこそが重要なのだと思う。

Cimg4713 Cimg4724 Cimg4728

<スカパー公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)