2017.12.02

【第34節 横浜FM戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 第34節 vs横浜F・マリノス 試合結果

12月2日(土)、埼玉スタジアムにて行われました『明治安田生命J1リーグ 第34節 vs横浜F・マリノス』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 第34節
2017年12月2日(土) 14:04キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 0-1(前半0-0) 横浜F・マリノス
得点者 53分 前田直輝(横浜FM)
入場者数 41,618人

この試合の結果、浦和レッズの明治安田生命J1リーグの最終成績は以下の通りとなります。
14勝7分13敗 勝ち点49 7位
試合速報
Jリーグ


「PRIDE OF URAWA」

前半こそサイドを起点にゴール前を脅かすチャンスは何度もあったが、なかなか決めきれずスコアレスで折り返すと、後半に入った53分にバイタルエリアをノーマークで抜け出した前田に鮮やかにミドルシュートを決められ先制を許してしまう。

この日は興梠に得点を…という意思の下、2列目の選手達が連動して興梠に預けるも相手の守備が一層堅くなり、ボールが動かせない状況。63分以降武藤、長澤、ズラタンと攻撃的な選手を投入するも、ゴールを割れず結局0-1で敗れてしまった。

ACL優勝という華々しい結果を残していても、ふと足元を見つめたらリーグ戦3連敗での終焉。しかもいずれもウノゼロという結果でメンバーを入れ替えたというエクスキューズがあったにしても、攻撃への不安を抱えた状況でCWCへ望むこととなった。

試合後、夕陽が差し込む埼スタ。代表の挨拶に続き、場内一周する選手達に、苦虫を噛みしめながらも彼等をCWCへ送り出すゴール裏から「PRIDE OF URAWA」のコレオが現れた。

今シーズンは監督交代という劇薬を処方し、国内では二兎三兎得るには難しい闘いが続いていた。特にミシャサッカーのウィークポイントを徹底的にマークされ、嵌る時と嵌らない時の差が大きく、また個々のミスも目立つ事もしばしばあり、特に失点数が半端なく増えてしまった。それと同様にリーグ戦での完封数はわずか4試合とあまりにも情けない結果を残してしまった。

しかしACLなど国外での対戦ではそういうミスが少なく、むしろ力と力のガチンコ勝負が嵌った感もあり、ACLのタイトルを奪えたという恩恵もある。

それだけ波の激しいシーズンだったという事で、後任の堀監督も難しい舵取りであったがなんとか乗り越えた。

来シーズンはACLに参戦できない事もあり、より一層国内での闘いが重要視される。もちろんミシャサッカーのベースが残っているゆえ、ウィークポイントもまだまだ散見された。

まずはしっかりと反省点を洗い出し、来シーズンへの礎を築くことへ期待すると同時に、CWCへ向けてはイベント的要素もあろうが、アジア王者として席巻したその力を存分に発揮してほしいと願うばかりである。

Dscn3732 Dscn3738 Dscn3740

Dscn3741 Dscn3753 Dscn3757

<Jリーグ公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.29

【第33節 川崎F戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 第33節 vs川崎フロンターレ 試合結果

29日(水)、埼玉スタジアムにて行われました『明治安田生命J1リーグ 第33節 vs川崎フロンターレ』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 第33節
2017年11月29日(水) 19:33キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 0-1(前半0-1) 川崎フロンターレ
得点者 14分 小林悠(川崎)
入場者数 24,605人
試合速報
Jリーグ


「モチベーション」

ACL決勝の激闘から中3日。レッズは先発メンバーを6人入れ替え試合に臨むことになった。

川崎は優勝するためには引き分けさえ許されない状況で、序盤から猛然とプレスをかけ、ボールを奪いに来る。しかしミスが目立ち、レッズもACLで培った守備力で応戦する中で、傍から見ても動きが硬かったように見えた。

しかし、前半14分、軽率と思われてもおかしくないミスから家長の突破を許し、そのまま対角線上に放たれたパスに反応した小林に飛びこまれ失点。それまで試合の入りが良かっただけに、これまで繰り返されてきた安易なミスからもったいない失点を喫してしまった。

攻撃もボール保持率が高かったことからも、バックラインからの縦パスは入るものの、そこからペナルティエリアへ脅かすものは少なく、単にボールを失う事を恐れてか、安全に横へ横へボールを回すも、逆にそれをカットされてカウンターを浴びる場面も見受けられ、攻撃に一貫性がなかった。

この試合に懸けるモチベーションは圧倒的に川崎の方が上だった。しかしそれに対峙する控え選手達の想いに期待するものもあったが、諸手を挙げるには正直程遠く、やはり主力に頼らざろうない感触もあった。

菊池のサイドバックや遠藤のアンカーなど、初めての経験で負担になった部分はあったと思う。しかしそれをこなすことで収穫もある。大事なのはそれを次の機会にいかせるかどうかだろう。

日程のアドバンテージはあるにしても、決して川崎も本調子ではなかった。それだけに安易なミスからの失点と消極的な姿勢は、単に中3日だからと受け流せるものでもない…。最終節はさらに厳しい中2日となる。回復期間は短いがしっかり切り替えて臨んでほしい。

Dscn3700 Dscn3712 Dscn3719

<Jリーグ公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.25

【ACL決勝第2戦 アルヒラル戦】

オフィシャルより

ACL 決勝第2戦 vsアルヒラル 試合結果

25日(土)、埼玉スタジアムにて行われました『AFCチャンピオンズリーグ2017 決勝第2戦 vsアルヒラル』の試合結果をお知らせいたします。

AFCチャンピオンズリーグ2017 決勝第2戦
2017年11月25日(土) 19:15キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 1-0(前半0-0) アルヒラル
得点者 88分 ラファエル シルバ
入場者数 57,727人
この結果、2戦合計2-1となり、AFCチャンピオンズリーグ2017は浦和レッズの10年ぶり2度目の優勝となりました。
試合速報
Jリーグ
AFC


「掴んだ星」

ついに掴んだACLのタイトル。苦しんで耐え忍ぶ時間が長かったが、ラファエルシルバのゴールというワンチャンスをモノにして、1-0で勝利。GSから埼スタ無敗というホームの圧倒的な力を味方にしてアジアのトップに立った。

指揮官は第1戦と同じ選手起用。やられた左サイドではなくその前段階での処置を選手達に求めた。よりアグレッシブに相手ボールに喰らい付き、まさしく肉弾戦の様相。個の能力は相手が数枚も上だったが、局面での対峙にはギリギリまで相手との間合いを見定めゴールを割らせることはなかった。

そして何よりもスタジアムの雰囲気が流れを相手に渡さなかった。あの圧迫感は観ている自分達でさえ驚いてしまうのだから、アルヒラルの選手達はいくらサウジ代表として埼スタを経験していたとは言っても、あんなのとは比較にならない。それだけ赤い力は出来うる限りのサポートを展開した。

初制覇から10年。年々アジアの壁、とかく中韓の壁を打ち破れなかったレッズにとって、ことごとく難敵を打ち破り勝ち進むチームは誇りだった。もちろん国内タイトルから見放されたのは悔しい限りだが、その分最高の結果を得た喜びはとてつもなく大きい。

しかしサクセスストーリーは終わらない。再び中東の地へ赴きクラブワールドカップが待っている。アジア王者としてふさわしい闘いをする前こそ国内もおろそかにはできない。

今はその喜びをじっくりかみしめて、残り試合に気持ちを切り替えてほしい。

Dscn3585 Dscn3589 Dscn3618

Dscn3636 Dscn3656 Dscn3677

<Jリーグ公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.19

【ACL 決勝第1戦 アルヒラル戦】

オフィシャルより

ACL 決勝第1戦 vsアルヒラル 試合結果

18日(土)、キング・ファハド国際スタジアムにて行われました『AFCチャンピオンズリーグ2017 決勝第1戦 vsアルヒラル』の試合結果をお知らせいたします。

AFCチャンピオンズリーグ2017 決勝第1戦
2017年11月18日(土)19:15現地時間(25:15/日本時間)・キング・ファハド国際スタジアム
アルヒラル 1-1(前半1-1) 浦和レッズ
得点者 7分 ラファエル シルバ、37分 オマル ハルビン(アルヒラル)
入場者数 59,136人
試合速報
Jリーグ
AFC


「アドバンテージ」

10年ぶりに味わう中東のアウェー戦。テレビを通じてもスタジアムの独特かつ異様な雰囲気は伝わってきた。

しかしその空気を一変させたのが、前半早々のラファエルシルバのゴール。ドリブル突破から生み出されたゴールはこぼれ球であっても、泥臭くしっかり詰めたことで生まれたもので、相手を焦らすには十分すぎる効果的なゴールだった。

その後は想定通り防戦一方の展開。自陣左サイドを執拗に攻められ攻撃の起点とされた。辛うじて凌ぎきってはいたが、同点に追いつかれるとさらにその勢いは加速度を増したものの、ここぞという時にGK西川の好セーブが光り何とか立て直した。

後半に入ると相手の威力も落ちてきたのか一進一退の流れ。結局1-1の引き分けながらアウェーゴールというアドバンテージを持ち帰ることができた。

さすが代表選手を多く抱え西アジアを勝ち上がってきただけクラブだけあり、個の力もそうだがチームとして完成されている。しかしそれが90分続くかというか疑問符があり、特に決勝だからという高いモチベーションがラフプレーに表れる部分もあった。そうなるとメンタルに左右される部分も大きいかと思われる。

レッズはチームとして組織で守りきり、数少ないチャンスをモノにした。準決勝の上海上港戦と同様な流れを感じる。

第1戦では大きなアドバンテージを手にしたが、“前半90分”を終えたまでで、まだ何も手に入れたわけではない。まだまだ油断はできないし、相手の脅威をまざまざと見せつけられた。ただ対戦してこそ見えてくるものもある。来たるべき1週間後の最後の決戦に臨むべく、しっかり修正してほしい。

<テレビ観戦>

Dscn3536 Dscn3547 Dscn3552

<Jリーグ公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.05

【第32節 鹿島戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 第32節 vs鹿島アントラーズ 試合結果

11月5日(日)、県立カシマサッカースタジアムにて行われました『明治安田生命J1リーグ 第32節 vs鹿島アントラーズ』の試合結果をお知らせいたします。

鹿島アントラーズ 1-0(前半0-0) 浦和レッズ
得点者 80分 レアンドロ(鹿島)
入場者数 33,356人
試合速報
Jリーグ


「4戦4敗」

来シーズンのACL出場権獲得へ向け、わずかな可能性を持って首位鹿島に臨んだものの、70分のレアンドロのゴールが重くのしかかり0-1で敗戦。

今シーズン鹿島相手に4戦4敗という不甲斐なさもそうだが、リーグ戦5位以下が確定。来シーズンのアジアへの挑戦は決勝戦を前に幕を閉じた。

アウェー鹿スタではこれまでそう悪くなかっただけに、淡い期待も多少なりともあった。ただ、ミシャサッカーからの転換で相手を惑わせたシステムから脱却を図りつつ、鹿島と同じ4バックで応戦。

天皇杯での敗戦を糧に守備陣はしっかり集中して、失点こそあったにしてもしっかり守りに徹していたと思う。しかし守備が良ければ攻撃が影をひそめてしまうというバランスの悪さは解消されず、シュートもわずか3本といかんせんゴールが遠すぎた。

攻撃の軸となる興梠が抑えられたというのもあるが、やはり供給する側と受ける側で距離が離されてしまっては、楔のパスを入れてもことごとく奪われ、それこそ相手の思うつぼだった。

失点シーンも、斜めに入ってくるクロスボールに大外のレアンドロへの対応が間に合わずフリーで打たせてしまった。今シーズンこれまでレッズが何度となくやられた形であり、、これも解決できないウィークポイントを敵将に曝け出したゆえのものだった。

ACL決勝を前にウノゼロでの完敗で、やや暗雲立ち込める結果となってしまった。しかしこの状況で首位鹿島と対戦できたことは意義深く、それを糧に再度攻守の確認をして大一番に備えられるのは大きい。

来シーズンACLに出られないのは辛いが、逆にその分決勝へ臨む想いはより一層強くなったように感じる。

代表での中断を挟むこともあって、レッズにとっては今月はいろんな意味で長い長い1ヶ月間になりそうだ…。

Dscn3444 Dscn3449 Dscn3451

<Jリーグ公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.29

【第31節 広島戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 第31節 vsサンフレッチェ広島 試合結果

29日(日)、エディオンスタジアム広島にて行われました『明治安田生命J1リーグ 第31節 vsサンフレッチェ広島』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 第31節
2017年10月29日(日) 16:04キックオフ・エディオンスタジアム広島
サンフレッチェ広島 0-1(前半0-0) 浦和レッズ
得点者 61分 長澤和輝
入場者数 17,178人
試合速報
Jリーグ


「新たな色」

相手は16位といわば降格崖っぷち。失点を恐れゴール前にしっかり鍵を閉められてしまうと、どうしてもパスが入らず各駅停車のような状態に陥ってしまう。

無闇に縦へ入れようとするとカウンターの餌食になってしまい、何度か肝を冷やされる場面もあったが相手の精度の低さに助けられ、久々のウノゼロ達成となった。

この日はACLアルヒラル戦を考慮してか、第1戦出場停止のマウリシオをベンチスタート。センターバックに槙野、阿部を組ませ、左には宇賀神、右は遠藤をそれぞれ起用。槙野の起用にはポジションの適性が試された感もあるが、しっかりパトリックに喰らいついていき対応。また中盤は青木をアンカーに据えその前に柏木、長澤とタイプの異なる攻撃的選手を据えてチャンスを伺った。

前半こそチャンスがなかったが、後半に青木のロングフォードから遠藤が追いつき素早いクロスを入れると、それに反応した長澤がフリーの状態でシュートを決めて貴重な得点。交代直前での得点だっただけにまさしく“持っている”選手であり、ようやく結果を出すことができた。

ACLでの快進撃とは裏腹に、リーグ戦ではアウェー仙台戦以来ホームで2試合連続引き分けと今一つの結果が続いており、微妙な心境だったのは事実。特に前節G大阪戦ではATでCKから同点に追いつかれただけに、選手達は細心の注意を払いながら試合を進めてきたが、最後の最後にパトリックと西川が1対1となった攻防には痺れてしまった。

決して内容は素晴らしいものではない。しかしながら監督交代というショックから3ヶ月経ち、遅まきながらようやくレッズにも新たな“色”が加わったような気がする。

その色がさらに鮮やかになるまではまだ時間がかかりそうだが、ようやく堀監督としての形が見えてきたのはそれはそれで嬉しい限りだ。

Dscn3290 Dscn3300 Dscn3304

<Jリーグ公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.22

【第30節 G大阪戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 第30節 vsガンバ大阪 試合結果

22日(日)、埼玉スタジアムにて行われました『明治安田生命J1リーグ 第30節 vsガンバ大阪』の試合結果をお知らせいたします。

浦和レッズ 3-3(前半0-0) ガンバ大阪
得点者 50分 ラファエル シルバ、54分 ファン ウィジョ(G大阪)、64分 ラファエル シルバ、67分 赤﨑秀平(G大阪)、73分 興梠慎三、90+2分 呉屋大翔(G大阪)
入場者数 21,603人
試合速報
Jリーグ


「空虚な失点」

上海戦から中3日。対するガンバは中7日と日程的なハンデを考慮するなら、悪天候も含んで善戦したと思うが、やはり3度あったリードを最後まで守りきれなかったというのは痛恨であり、まさしく勝点2を落とした試合だった。

ピッチに水が浮くほどの厳しいコンディションの中、ロングボールを多用するかと思われたが、いざ始まってみると、双方しっかりパスを繋ぎ、時折ロングフィードを使いながら、ゴール前でチャンスを作るというそれぞれの持ち味を魅せた展開が続いていた。

レッズは左ワイドにラファエルシルバ、右ワイドにズラタンと両外国人選手を同時起用してきた指揮官。目指すべき目標に向けていろいろ仕掛けている様子は垣間見える。

前半をスコアレスで終えると、後半開始早々の5分にラファエルシルバが決めたゴールを皮切りに双方合わせて6得点の応酬。

いずれもレッズが奪えばわずか数分後にガンバが追いつくという忙しい流れ。しかも1失点目と3失点目はそれぞれセットプレーからで、決して崩されてからというものではなかっただけに、一瞬でやられてしまったことに徐々に悔しさが募ってくる。

上海戦での集中した守備を目の当たりにしただけに、この失点風景が何とも空虚に映ってしまうのはやるせないなぁ…という想いであるが、これが今シーズン別な意味で積み重ねてきた負の遺産なのだから、それはそれとして割り切るしかないのだろう。

だがその結果、3位4位という目標がさらに遠ざかったのは事実である。

Dscn3072 Dscn3078 Dscn3087

<Jリーグ公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.18

【ACL準決勝第2戦 上海上港戦】

オフィシャルより

ACL 準決勝 第2戦 vs上海上港 試合結果

18日(水)、埼玉スタジアムにて行われました『AFCチャンピオンズリーグ2017 準決勝 第2戦 vs上海上港』の試合結果をお知らせいたします。

AFCチャンピオンズリーグ2017 準決勝 第2戦
2017年10月18日(水) 19:30キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 1-0(前半1-0) 上海上港
得点者 11分 ラファエル シルバ
入場者 44,357人
この結果、2戦合計2-1で浦和レッズの決勝進出が決まりました。
試合速報
Jリーグ


「GO WEST!」

平日としては久々の4万越え。

アジア屈指の戦力を誇る上海上港とは4度目の対戦。ある程度双方の手の内は知り尽くしてる中、ホーム埼スタでの強みはここでも発揮。ACL独特の痺れる空気がスタジアムを包み込む中で、前半CKから奪ったラファエルのゴールをしっかり守りきり、10年ぶりとなるファイナルへのチケットを奪った。

第1戦から出場停止だった3人も復帰し、ほぼベストメンバーで揃えてきた相手に対し、レッズは神戸戦を加味しつつ、ここでのベストメンバーを揃えて相手を迎え撃った。

序盤から厳しい闘いも予想されたが、要注意とされたフッキがボールを持つと2人、3人と取り囲みさらにプレーエリアを押し下げ、彼を自由にさせなかった。もちろん他の選手達がキープしてもしっかりマークが付き、要所要所で抑え込み攻撃のリズムを水際で減退させた。

レッズも先制後は何度かカウンターからチャンスを仕掛ける事ができたが、やはり守備に注視するゆえなかなか攻撃への人数が足りない中で、ロングフィードやセットプレーなど可能性のある中で追加点への機会をうかがっていた。

リーグ戦とは雰囲気や闘い方が異なる中で得た久々の無失点勝利。しっかり相手を研究し尽くせたからこその結果であるが、まだまだ旅は続く。

ようやく10年前の舞台に戻ってきた…というのが印象だろう。やはり最後は中東で西アジアのクラブと闘うのがACLの醍醐味でもある。

決勝戦は1ヶ月先。その間リーグ戦が3試合控えている。やるべきことや試したい事など指揮官にはいろいろ想いがあるだろうが、その中での選手起用は先を見据える上でとても大事になる。今日の喜びは一旦心の奥にしまって残るリーグ戦にしっかり切り替えてほしい。

Dscn3026 Dscn3029 Dscn3041

Dscn3042 Dscn3044 Dscn3049

<Jリーグ公式ハイライト>

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017.10.14

【第29節 神戸戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 第29節 vsヴィッセル神戸 試合結果

10月14日(土)、埼玉スタジアムにて行われました『明治安田生命J1リーグ 第29節 vsヴィッセル神戸』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 第29節
2017年10月14日(土) 19:03キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 1-1(前半1-1) ヴィッセル神戸
得点者 4分 小川慶治朗(神戸)、19分 矢島慎也
入場者数 29,931人
試合速報
Jリーグ


「フラッシュバック」

またしても開始早々での失点。

簡単そうに見えて難しかったのか、難しそうで簡単だったけどたまたまミスだったのかは定かではないが、1本のロングパスとワンタッチで易々と決められたのは、前々節の埼スタからのフラシュバック。もはや溜息や怒りを通り越して呆れさえ出てくるほどの失点風景だ。

バックラインの裏というのは、3バックだろうが4バックだろうが指揮官のやり方が変わろうが、その拙さは全く変わっていない。中途半端にサイドバックが押し上げた結果、大きなスペースが広がり、今回もまさか…とは思っていたのかどうかは別にしても、ゴールキックに素早く反応した小川が猛然と仕掛けたことで対応が遅くなりクリアしきれなかった。

レッズのウィークポイントはどの敵将にも明らかにされており、それを講じるにもこれといった案もなく、危機管理が手薄になっている感は否めない。今でこそ得点数でカバーしていても、やはり追いつくために多分のエネルギー使うことになる。それゆえ追いついてさらに…という場面で、一気にガス欠を起こすという悪循環に陥る事もしばしば見受けられる。

それだけに今宵のドローは、新たな選手起用を加味しながらも負けなかったというのは唯一の収穫なのかもしれないが、3位や4位への可能性もある中で内容に関しては低調と思われてもおかしくないものだった。

今、クラブとしてはACLという唯一のタイトル獲得へ向けて邁進している。GSから闘ってきた相手を振り返るとガチンコで勝負に挑みレッズもそれに応戦。白熱した試合を展開してきた。一方のリーグ戦に目を向けると、崩されるシーンは少ないものの、己のミスが起点となる安い失点のオンパレードと両極端で同じチームなのかと勘繰ってしまう…。

ただこれもサッカーなのだとすっぱり割り切って、水曜日に切り替えるしかない。いい意味で変貌を遂げる事に期待して、大事な一戦に臨んでほしい。

Dscn2994 Dscn3005 Dscn3010

<Jリーグ公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.01

【第28節 仙台戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 第28節 vsベガルタ仙台 試合結果

10月1日(日)、ユアテックスタジアム仙台にて行われました『明治安田生命J1リーグ 第28節 vsベガルタ仙台』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 第28節
2017年10月1日(日) 14:03キックオフ・ユアテックスタジアム仙台
ベガルタ仙台 2-3(前半0-1) 浦和レッズ
得点者 26分 興梠慎三、49分 三田啓貴(仙台)、60分 興梠慎三、82分 ラファエル シルバ、88分 クリスラン(仙台)
入場者数 18,026人
試合速報
Jリーグ


「ギャップ」

やはりユアスタは独特な雰囲気があって、緊迫する展開になるし、そう簡単には勝たせてくれず難しい試合になった。

この日、ポイントになったのがサイドでの攻防。仙台の3-4-2-1に対し、レッズは4-1-4-1。最終ラインで枚数が異なることで双方攻守にわたりギャップが生まれ、そこから得点へ繋がる場面が見られた。

レッズの先制点こそセットプレーからではあったが、梅崎→柏木と渡り、なんなくクロスを上げると興梠が絶妙のタイミングで頭で合わせ先制。2点目もサイドで遠藤が野津田を振り切ると一気に駆け上がり、ラファエルシルバからのワンツーパスを経てクロスを上げて最後は興梠がニアに飛び込んでゴール。そして3点目はラファエルシルバがタッチライン際で相手に囲まれつつも、何とか振り切って中へドリブル。武藤とのワンツーで抜け出しゴールを決めた。

逆に失点シーンは2失点目がその典型。サイドのギャップを埋められないまま寄せも甘く、簡単にクロスを上げられ、クリスランにあっさり決められてしまった。また1失点目はギャップ以前の問題であり、簡単なミスとは片付けられないもの。安易なロストから失点に直結してしまったゆえに、強く修正を望みたいところである。

終盤も失点を恐れてか中を絞る形となり、両サイドからクロスを上げられっぱなしだった。もちろん中央で跳ね返せばそれでいいのだが、DFラインを押し上げられないというのもあり、セカンドボールをことごとく拾われ落ち着く時間がなかった。

辛くも逃げ切った形となったが、自分達でしっかりコントロールできれば防げる場面も多々あった。新しいシステムも徐々に浸透しつつあるものの、各々のポジションでのギャップは対峙して見ないとわからない。それだけに修正なりフォローが大事になってくる。

9月9日から始まった週2戦の7連戦もこれで終了。特に7月からの3ヶ月は計22試合とハードなスケジュールが続いた。ルヴァンカップで敗れてしまったゆえに…であるが、気力も体力の疲弊した中でのようやくの長い休息となる。

試合数も少なくなり、ようやくシーズンの終盤が見えてきた。しかしその中でもタイトルを奪えるチャンスを残しているのはモチベーションとしても大きい。短いオフを戦術の浸透なり、体力の回復にしっかり費やして終盤の闘いに臨んでほしい。

Dscn2888 Dscn2899 Dscn2906

<Jリーグ公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧