2017.07.12

【天皇杯3回戦 熊本戦】

オフィシャルより

第97回天皇杯3回戦 vsロアッソ熊本 試合結果

12日(水)、浦和駒場スタジアムにて行われました『第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会3回戦 vsロアッソ熊本』の試合結果をお知らせします。

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会3回戦
2017年7月12日(水) 19:03キックオフ・浦和駒場スタジアム
浦和レッズ 1-0(前半1-0) ロアッソ熊本
得点者 45+2分 高木俊幸
入場者数 5,806人
試合速報
公式記録(JFA)】※PDFファイル


「メッセージと危機感」

終わってみれば公式戦では5月末のホームACL済州戦以来8試合ぶりの完封勝利。さらに言うならば公式戦30試合目にしてようやく6つめのクリーンシートとなった。

開始からレッズ対策として5バックで対応。攻撃の形としてバックラインからのロングフィードに活路を見い出そうとしていたが、なかなか前線の選手と合わず、攻撃が淡白になりかけていた。

そんな中でファウルで得たFKを高木が鮮やかに決めて先制。重いムードを払拭するような得点だった。そして後半開始から武藤を投入。前線が活性化しチャンスも何度か作ることができたが最後が決めきれず、追加点が奪えなかった。

一方の守備は遠藤を中心に田村、長澤という構成。後半に自陣左サイドからのクロスに対し、ゴール前で相手をフリーにさせるという最大のピンチを迎えたものの、ミスにも助けられて凌ぎ切る事が出来た。

これまで多くの得点を奪う事で勝利を手繰り寄せる事が多かったが、この日はウノゼロ。格下相手という事からあと1点、もう1点という逸る気持ちもあったろうが、しっかり相手を抑えきったということで、メンバーをある程度入れ替えても、守備に重きを置いて整備できればゼロで締められるいう強烈なメッセージを発する事ができた。

大きく選手を入れ替えて臨んだ今日の天皇杯であったが、勝ち進んだ先もミッドウィークでの開催が続く。ともすれば、今後連戦の最中に自分達でつかんだチャンスを再び別の機会で存分にアピールできる可能性もある。

自らの力はまだまだ未熟なのかもしれないが、危機感を強く持って臨んだことでチームとして結果を残したのは大きい。勢いこそ乏しいものの、この流れがレギュラー陣にも波及してほしいと切に願うものである。

Dscn0072 Dscn0075 Dscn0102

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.09

【第18節 新潟戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 第18節 vsアルビレックス新潟 試合結果

7月9日(日)、埼玉スタジアムにて行われました『明治安田生命J1リーグ 第18節 vsアルビレックス新潟』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 第18節
2017年7月9日(日) 18:33キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 2-1(前半0-1) アルビレックス新潟
得点者:35分 小泉 慶(新潟)、74分 阿部勇樹、79分ラファエル シルバ
入場者数:28,740人
試合速報
Jリーグ


「這い上がるべく…」

前半35分。カウンターを遅らせたまではよかったが、GK西川が弾いたボールが相手に当たりそのこぼれ球を小泉に押し込まれ失点。不運な形で失った1点が重くのしかかり、前半を折り返した。

後半も守備を6枚敷いてゴール前を固める相手に難儀したものの、74分に森脇がPA外から放ったミドルシュートがポストに当たり、そのこぼれ球を阿部がすかさず決めて同点。そしてその5分後にもCKからラファエルシルバが自らのヘディングシュートのこぼれ球を足で押し込み逆転を果たし一気に流れが変わった。

決して上手い試合運びだった訳じゃなかったし、パスミスも散見。それに加えまだまだカウンターからピンチを迎える場面も多々あった。現に最下位のクラブに勝っただけの話なのかもしれないが、中途半端な暗いトンネルを抜け出すために選手達は必死にもがいて焦りながらも、後半なんとかスイッチを切り替えてゴールに何度も立ち向かったのは評価したい。

指揮官のと一部のサポのやりとりなり、そこで派生した発言だけが1人歩きしたこの数日間であったが、しっかりと勝点3を積み上げて混戦の上位に喰らいついている。

この勝利で何かが変わるかどうかは水曜日の天皇杯もそうだが、親善試合後の首位セレッソ戦まで分からない。
ただ阿部キャプテンの言葉もそうであるが、自分達は這い上がっていくしかないのである。

Dscn0012 Dscn0033 Dscn0046

<Jリーグ公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.05

【第13節 川崎戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 第13節 vs川崎フロンターレ 試合結果

7月5日(水)、等々力陸上競技場にて行われました『明治安田生命J1リーグ 第13節 vs川崎フロンターレ』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 第13節
2017年7月5日(水) 19:03キックオフ・等々力陸上競技場
川崎フロンターレ 4-1(前半2-0) 浦和レッズ
得点者 16分 小林 悠(川崎)、26分 阿部浩之(川崎)、73分 槙野智章、82分 小林 悠(川崎)、84分 長谷川 竜也(川崎)
入場者数 22,561人
試合速報
Jリーグ


「自信喪失」

キックオフ後レッズが選択したのは迷走する中で導き出した急造の4バック。だが、それで勝てるほど勝負事は甘くない。ましてや敵将に冷静に心理までを見通されてしまったのでは元も子もなかった。

CB2人があっさりシュートコースを開けてしまい前半だけで2失点。後半から3バックに戻し、最初こそパスワークで崩し、何とかCKから1点を返すも、PKに加えさらなる追加点が傷口に塩を塗る形となり守備崩壊。1-4で成す術なく終わってしまった。

とかく攻守のバランスが悪く、中盤での繋ぎも選手個々の位置がふらふらとブレまくっていると、なかなかスイッチが入らない。また、ボールキープ時のフォローも少なく、結果的にパスコースが限定され、速攻が仕掛けられない事も多々みられる。

選手達が自信喪失のは事実で、如実にプレーに表れる事もある。ただそれを判断するのは指揮官であり、意欲がない選手をピッチに立たせても困る。メンタル面から推測するに、今は何をやってもダメなときはダメなのだと思う。あとはどこまで落ち込ませてから上げていくかという事。それ以上にベンチやベンチ外の選手達は、自分だったら…とより歯痒い思いなのかもしれない。

能力が高い選手を起用しても、それだけでは勝てない。連携でありシステムこそ重要なのかもしれないが、昨シーズンと大きくメンバーが変わらない中ですでに昨年の総失点数を越えてしまっているというのは、攻略されているという裏打ちでもある。

リーグ戦は半分の17試合を消化。ACLとの並行開催で日程をこなす中とはいえ、やはりここまで7敗は重い結果である。

巻き返す力こそ残っているのだろうか…。まずは自信を取り戻すことこそが重要なのだと思う。

Cimg4713 Cimg4724 Cimg4728

<スカパー公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.01

【第17節 広島戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 第17節 vsサンフレッチェ広島 試合結果

7月1日(土)、埼玉スタジアムにて行われました『明治安田生命J1リーグ 第17節 vsサンフレッチェ広島』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 第17節
2017年7月1日(土) 19:04キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 4-3(前半2-0) サンフレッチェ広島
得点者:42分 興梠慎三、45分 武藤雄樹、47分 皆川佑介(広島)、54分 アンデルソン ロペス(広島)、72分 アンデルソン ロペス(広島)、85分 ズラタン、90+2分 関根貴大
入場者数:30,853人
試合速報
Jリーグ


「現実回避」

広島との対戦といえば総じてミラーゲームになる事が多く、1点を争ういわば塩試合を予想していたが、調子の悪い同士となると、ノーガードの打ち合い。むしろ双方の自滅で試合が勝手に盛り上がってしまった感もある。

結果的に勝ったから言えるのかもしれないが、この試合こそ個の力が際立ったものだと思う。4点奪っても3点失ってしまうのだから、そこには組織も規律もないし、総崩れである。

ただチームが3連敗中で士気が低下している中で、こういう流れでの逆転勝利は、メンタル的にはとても大きいものだといえる。

土壇場で再び転がってきた勝点3にわずかながら危機は下火となったが、あくまで現実回避に過ぎない。本当に大事なのはそれを次に繋げられるかだろう。

しかし冷静にみれば降格危機の17位のチームに辛うじて勝っただけなのだから、そこであたふたするようであれば、上位進出もまた遠くなってしまうだろう。

Cimg4650 Cimg4672 Cimg4688

<Jリーグ公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.25

【第16節 鳥栖戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 第16節 vsサガン鳥栖 試合結果

6月25日(日)、ベストアメニティスタジアムにて行われました『明治安田生命J1リーグ 第16節 vsサガン鳥栖』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 第16節
2017年6月25日(日) 19:04キックオフ・ベストアメニティスタジアム
サガン鳥栖 2-1(前半0-0) 浦和レッズ
得点者:65分 小野裕二(鳥栖)、90分 福田晃斗(鳥栖)、90+5分 李 忠成
入場者数:17,913人
試合速報
Jリーグ


「霞む結末」

端的に言えば完敗。負の流れを引き戻せず3連敗と泥沼にはまってしまった。

前半こそはしっかり守備に注視して入ってはいたものの、所々で綻びが生まれ、何度もピンチを招いていた。特にカウンターを受けた時に1対1で臨むのは必然的になってしまうが、1発で仕留めたい余りそれが空振り、さらに窮地に陥ってしまう場面も多々あり、昨シーズンまでの盤石な守備の形には程遠く感じた。

守備に注視するあまり攻撃の迫力も今ひとつ。ラファエルシルバが本調子に戻っていないというのもあるが、やはり攻撃のパターンが相手にある程度読まれており、いわゆるミシャ対策網により行き詰まりを強く感じる。

終わってみればセットプレーとパスミスで失点。終了間際のPKも焼け石の水に終わった。

試合後指揮官が口にしたのは「非常ベル」という言葉。自分達が押したベルなのかはわからない。ただ今チームのおける状況は負の流れから抜け出すきっかけさえも掴んでいないという状況だ。

ますます上との差が霞んでいく様相であるが、まずは抜け出す術を見つけてほしいと願うばかりである。

※DAZN観戦

Cimg4600 Cimg4601 Cimg4605

<Jリーグ公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.21

【天皇杯2回戦 盛岡戦】

オフィシャルより

第97回天皇杯 2回戦 vsグルージャ盛岡 試合結果

6月21日(水)、浦和駒場スタジアムにて行われました『第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会2回戦 vsグルージャ盛岡』の試合結果をお知らせいたします。

浦和レッズ 3-2(前半1-0) グルージャ盛岡
得点者:29分 ズラタン、53分 林勇介(盛岡)、63分 ズラタン、79分 オナイウ阿道、90+3分 谷口堅三(盛岡)
入場者数:5038人
試合速報
公式記録(JFA)】)※PDFファイル


「実戦感覚」

先発メンバーを総入れ替えして臨んだ天皇杯初戦。やはり練習と実戦は感覚が違うのか、試合にスムーズに入ることができた選手と、そうでない選手との差がはっきり見えてきた。

なかなか実戦で起用されることがない中で試された舞台。しかもACLへ直結する初戦という高い緊張感の中、盛岡相手に失点もあったが何とか逃げ切り、次のステージへ歩みを進めた。

実戦が少ないゆえの弊害もある。それは今に始まったことではない。しかしそういう中でもこれまで高木や駒井など欠かせない選手も出てきた。だからこそ相手に屈することなく自信をもってプレーするのを見たかった選手もいた。

あくまで勝負の世界。起用された場でこそしっかり与えられた役割を果たし、チームに貢献できるかが今後生き残るチャンスでもある。それをしっかり掴んでこそ次のチャンスも生まれてくる。今日勝ったことで、彼らは3回戦でも起用されるチャンスも生まれてきた。

必ずや彼らの力が必要となってくる事があるはずだ。“その時”まで控え組も結果を残していかなければならないだろう。

Cimg4553 Cimg4566 Cimg4576

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.18

【第15節 磐田戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 第15節 vsジュビロ磐田 試合結果

6月18日(日)、埼玉スタジアムにて行われました『明治安田生命J1リーグ 第15節 vsジュビロ磐田』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 第15節
2017年6月18日(日) 18:33キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 2-4(前半1-1) ジュビロ磐田
得点者:36分 大井健太郎(磐田)、43分 阿部勇樹、56分 阿部勇樹、68分 アダイウトン(磐田)、74分 松浦拓弥(磐田)、80分 松浦拓弥(磐田)
入場者数:34,766人
試合速報
Jリーグ


「負の連鎖」

前半セットプレーから先制点を許すも、終了間際にCKから阿部の同点。さらに後半も短いパスワークからまた阿部が決めて逆転と、相手の厳しいプレッシャーにも負けず何とか逆転。相手の意欲も削ぎ、どうにか試合を自分達のペースに引き戻したかに思えた…。

しかし自陣CKからのパスミスが自分達の首を絞める形となってしまい、そこから一気に再逆転を許してしまうという悪夢に陥った。

もちろん敗戦への道程をだどったのは選手達かもしれない。ただあえて厳しく言うなら、同点シーンに絡んだ選手は、しっかり反省してほしいという事。ああいうありえない形で失点を喫した直後に、再度点を獲れというのは正直攻撃陣にとっては酷い話だ。

今シーズンは攻撃にさらなる手を加えたところで、バックラインのケアはおざなりの印象が強く、昨シーズンの最少失点は風前の灯である。リーグ戦に限れば完封勝利はわずか2試合。4月の第8節大宮戦から連続失点が続き今節は最多の4失点。

獲られた以上に獲るという意識は悪くはないが、あまりにも安い失点が多く、頭を抱える場面も多々ある。

相手もしっかり研究し、レッズのウィークポイントをことごとく衝かれて慌てふためき、それがベンチワークにも影響し、自分達だけがアップアップの状態が見受けられる。

これでリーグ戦は連敗を喫し5敗目。済州戦の激闘も霞むぐらい負の連鎖に陥っている。それだけに内容は度外視しても再開直後の磐田戦はモノにしたかったが、あの一連のプレーで台無しになった感は否めない。

正直、切り替える時間は少ない。そうこうしている間に再び連戦がやってくる。良薬を見つけ出すのは難しいだろうが、この状況は自分達で打破するしかないようだ。

Cimg4475 Cimg4491 Cimg4502

<Jリーグ公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.04

【第14節 柏戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 第14節 vs柏レイソル 試合結果

6月4日(日)、日立柏サッカー場にて行われました『明治安田生命J1リーグ 第14節 vs柏レイソル』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 第14節
2017年6月4日(日) 19:04キックオフ・日立柏サッカー場
柏レイソル 1-0(前半1-0) 浦和レッズ
得点者 45+1分 中川寛斗(柏)
入場者数 14,096人
試合速報
Jリーグ


「4度目の0-1」

中3日と厳しい日程ながら、昼間から急激に気温が下がった気候によって、思いのほか選手達は走れているように見えた。

済州戦同様ハイプレスからのカウンターを嫌ってたのと、強風の影響でロングボールで裏を狙い続け何度がチャンスを作っていたが、フィニッシュを決めきれないと、徐々に相手の時間帯になっていった。

失点シーンもATに入ってプレーを切れば終わりかという場面。易々とクロスボールを上げられた…までは留意しても、その後ボールを振られ、最後はフリーの中川に押し込まれるというあまりにお粗末な失い方だった。

それまでほぼ相手にチャンスを与えていなかっただけに、これまで繰り返されてきた「安い失点」といわれても致し方ないものだった。

しかしそれ以上に今日のポイントとなったのが柏のGK中村の壁だった。前半には森脇のシュート。後半も興梠のシュートをことごとく正面ではじき、自陣ゴールを守りきった。敵ながらこういうシュートストップは褒めるべきだし、興梠が得たPKが枠を外れてしまったのは、運がなかったとキッパリ割りきらなければいけないだろう。

今シーズンカップ戦を含め、公式戦では8敗目。うち4試合が『0-1』での敗戦。

いずれも振り返ると決して崩されたシーンはなく、自らのミスが起因となり失点を重ね、攻撃も相手にしっかり対策を施され、立ち行かなくなっているものである。

いわば勝利と敗戦の内容が両極端であり、敗戦を喫しても、そのままでも地力で跳ね返せるという安易な気持ちがそのまま残り、かえって中途半端な自信が下手な結果を生み出しているような気がする。

どんな点差であろうとうも負けは負け。そこには必ず起因がある。まだ大丈夫…という思いこそ、夏場の連戦を凌げるのかどうか不安であり、うやむやで片付けてもらってほしくない。

首位柏との勝点差は「7」。1試合少ないと考えても数字は大きく、延期した川崎に勝ってもまだ背中しか見えない。前半戦の締めくくりと思えば、やはり厳しい敗戦である。

代表戦を挟むが、これまでの激戦を振り返ってもう1度立て直してほしいと願いたい。

Cimg4442 Cimg4454

<Jリーグ公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.31

【ACL ROUND16 2ndleg 済州戦】

オフィシャルより

ACL ラウンド16 第2戦 vs済州ユナイテッドFC 試合結果

5月31日(水)、埼玉スタジアムにて行われました『AFCチャンピオンズリーグ2017 ラウンド16 第2戦 vs済州ユナイテッドFC』の試合結果をお知らせいたします。

AFCチャンピオンズリーグ2017 ラウンド16 第2戦
2017年5月31日(水) 19:30キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ (前半2-0 後半0-0 延長前半0-0 延長後半1-0) 済州ユナイテッドFC
得点者:18分 興梠慎三、33分 李 忠成、114分 森脇良太
入場者数:19,149人
この試合の結果、浦和レッズのAFCチャンピオンズリーグ2017 ベスト8進出が決定いたしました。
試合速報
Jリーグ


「プライド」

両チームの意地とプライドがぶつかり合った第2戦。

前半18分にセットプレーから1点を返し、さらに34分に高い位置でボールを奪うと、興梠のパスから李が決めてトータルスコアで同点に追いついた。

しかしレッズとしては失点すると2点が必要となる状況。カウンターには猛然と追いかけ相手を外へ追いやり、ピンチを未然に防いだ。

済州も焦りがでてくるとプレーにも影響。81分にラフプレーで1人退場すると、レッズは90分以内で決めきれるチャンスもあったが、選手達は焦らず延長を視野に入れつつ試合を運んだ。そして冷静にまずは90分を2-2で終え、アウェーゴールのディスアドバンテージを消し去った。

切り替えたレッズはなおも猛然と相手ゴールに迫り、それが実ったのが114分。高木のクロスに裏へ抜けた森脇がダイレクトで決めて決勝点。

終了間際からの済州の選手達による後味の悪さが残ったが、挑発に乗らずホームで選手達はハードルが高いミッションをこなし、9年ぶりのベスト8に進んだ。

やはり国を背負うACLはリーグ戦とは異なり、異様な雰囲気になる。ミッドウィークでかつ月末日という日が悪い中、創り出したスタジアムの雰囲気は、何事にも代えがたい忘れ得ぬ試合となった。

4日後の代償こそ不安ではあるが、まずは成し得たミッションを心から喜び、しっかり休んで次へ切り替えてほしい。

Cimg4333 Cimg4345 Cimg4357

<Jリーグ公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.24

【ACL ROUND16 1stleg 済州戦】

オフィシャルより

ACL ラウンド16 第1戦 vs済州ユナイテッドFC 試合結果

24日(水)、済州総合競技場にて行われました『AFCチャンピオンズリーグ2017 ラウンド16 第1戦 vs済州ユナイテッドFC』の試合結果をお知らせいたします。

AFCチャンピオンズリーグ2017 ラウンド16 第1戦
2017年5月24日(水)15:00現地時間(15:00/日本時間)・済州総合競技場
済州ユナイテッドFC 2-0(前半1-0) 浦和レッズ
得点者 7分 マルセロ トスカーノ(済州)、90+2分 チン ソングッ(済州)
入場者数 1,913人
試合速報
Jリーグ


「前半終了」

アウェーでの重すぎる敗戦。いずれの失点シーンもパスカットとパスミスという、自分達のミスが引き金となった。

相手のカウンターにはかなり警戒していたようで、攻撃の起点となるトップ下を封じるために3-5-2と変化をつけ2トップ2シャドーで対応するも、逆に両ワイドが上がったままとなってしまい、結果的にそれが餌食となってしまった。

また攻撃にしても相手のプレスが早く、パスコースが限定されパターンを封じられてしまった。だがそれは相手がしっかり研究してきたという事。その中でもいくつかチャンスもあったが、それを決めきれなかったのは厳しかった。

自ら招いた2点という大きなビハインドを後半でどう跳ね返すのか…。幸いにも週末はリーグ戦が延期され、修正する時間はある。1点奪われたらさらに厳しくなる中で、自分達がいかに相手の攻略をかわし効率よく得点を奪えるのか、前半の失敗を糧に1週間しっかり調整してほしい。

<テレビ観戦>

Cimg4278 Cimg4283 Cimg4286

<Jリーグ公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)